紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

f0072846_058283.jpg

冬至に漬け込んだ、柚子の蜂蜜漬けは、しんなり、とろん・・・と美味しくなっています(^^)
紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり、お酒で割ったり・・・。
ジャムのように使えます。
柚子ジャムと柚子の蜂蜜漬けの違いは・・・。
柚子ジャムの場合は、混ぜて煮詰める時に、皮から苦味が出やすいので、ゆでこぼしたりするんですが、茹でると良い成分も出てしまうような気がするんです。
それに、せっかく沢山含まれているビタミンCも、熱に弱いので壊れてしまう・・・。
蜂蜜漬けは、作るのも簡単!
加熱せず、そのまま蜂蜜に漬け込むので、ビタミンCも壊れないし、皮から苦味がほとんど出ません。
金柑の甘露煮も、もう3回位作っています。

そしてこちらが、秘蔵の梅酒!
なんと十数年物です。
f0072846_1101459.jpg

ほんの少し口に含むだけで、ふゎ~っと芳醇な香りが広がって、いつまでも余韻が残ります。
昨年漬けた梅酒は、まだツンツンしていて全く違う味です。
どんなに、お金をかけても、科学的はもので加工しても、この味は作り出せないと思うんです。

時間が作る美味しさと、それを待つ楽しさ・・・それが嬉しくて楽しくて・・・いつもチマチマと何かを仕込んでるんです(^^)
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-29 00:56 | 美味しいもの
f0072846_205120.jpg

昨日の紅茶教室で作った淡雪紅茶です。
これは、シナモン風味の淡雪紅茶
シナモンティーにフォームドミルクを浮かべ、シナモンパウダーを振りかけます。
蜂蜜を入れて出来上がり!
淡雪紅茶はティーカップじゃなくて、取ってのない物がピッタリ。
カフェオレボウルでもいいし、湯のみでも、そば猪口でも・・・。
両手で包みこむようにカップを持って、フワフワの淡雪のようなミルクティーをいただきます。
甘い香りと優しい紅茶が体をポカポカ温めてくれます。
・・・そして指先からも、手のひらからも、優しい温かさが伝わってきます。
寒い日は、こんな紅茶で心も体も、トロンとほぐしてあげましょう☆
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-27 02:13 | 紅茶

優しい時間・・・。

f0072846_1514532.jpg

今日は自宅で紅茶教室でした。
先週と同じテーマの「春待ち紅茶」です。
自宅は、少人数でのサロンタイプの教室なので、同じテーマでも雰囲気が違います。
のんびり、ゆったり、楽しいお茶の時間を過ごしました(^^)
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-26 01:55 | 紅茶

我が家のオヤジ・・・

f0072846_1362965.jpg


ゾロ君です。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-24 01:37 |

ただいま~!!

また週末留守にしておりまして、昨日戻ってきました。
またまたコメント遅くなってごめんなさい・・・。

さて、来月の紅茶教室のお菓子に使いたいので、今日はパイナップルジャムを作りました。
f0072846_134317.jpg

パイナップルはペクチンが少ないので固まらない・・・と聞いたので、柚子の種から出るペクチンを利用して作りました。
カルダモンを入れて、仕上げにブランデーを少し・・・。
爽やかな大人のジャムの出来上がり!

来月は「台湾紅茶」なので、台湾のお土産の定番「パイナップルケーキ」をアレンジしたお菓子にしようと思ってるの。
さて、お菓子の試作もしなくちゃ!
何を作ろうかな・・・。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-23 01:43 | 美味しいもの

「道」の意味・・・。

幼い頃から今まで、色々な習い事をしてきました。
お茶・お華、着付け、乗馬、料理、ダイビング、アロマテラピー、エアロビクス・、習字、ピアノ・・・他にも色々・・・あっ、紅茶も、中国茶も・・・。

日本の文化は奥が深い・・・
茶道、華道、書道、剣道、柔道、合気道・・・その「道」という字が物語っているなぁ・・・と。
技術や技を身に付けることが目的ならば茶技・華技とか、剣術、柔術あるいは剣技・柔技など、「技」とか「術」とかになるんじゃないかな?

「道」なのは、その技術や知識を身に付ける事だけが目的なのではなくて、その背景や目に見えない物、そして沢山の経験が知識となって精神となってゆっくり身に付き沁み込んで行くことが大切だからなのだろう。

それは、地図を見て、人から聞いて「道」を知るのではなく、一歩一歩、自分で道を歩いて、頬にあたる風を感じ、踏みしめる大地を感じ、気温を感じ、匂いを感じ、音を聞き、移り変わる景色を眺め・・・そして「道」を知ることとの違いなのだろう。
人によってその「道」の感じ方は違う・・・だから正解も間違いもない。

かつて、君子の国といわれていた日本。
羨望のまなざしの先には、そんな日本文化があるのだろう。

早い、安い、簡単・・・が重要視されることが多いけれど、3回コースとか、1ヶ月集中セミナーなどでは、「道」はわからないだろうなぁ・・・と思う。

紅茶教室でも、技や術を伝えるだけじゃなく、一緒に道を歩くことを大切にしたいなぁ・・・と思う。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-19 19:47 | 思うこと

春待ち紅茶

今年、最初の教室・・・ということで、着物を着ていきました。
今回の教室も盛りだくさん!
梅酒のアレンジティーや、フォームドミルクを雪に見立てた淡雪紅茶、今が旬の柚子や、手作りの柚子の蜂蜜漬けや、生姜の蜂蜜漬け、金柑の甘露煮を使ったアレンジティー・・・などなど。
f0072846_18303538.jpg


今回は、中国から一時帰国して参加してくださった方もいらして、久しぶりの再会を楽しみました。
中国でも、楽しいお茶の時間を過ごされているご様子。
不慣れな土地での生活・・・お茶の時間は、きっと、ほっとする大切な時間なのでしょうね。

教室に参加された方が、美味しい&楽しい気持ちを家に帰って家族や友人へ伝えていくのは、とても嬉しい。
温かな気持ちは伝染すると思うの。
だから・・・
これからも、楽しい&嬉しい&美味しい、エッセンスを色々お伝えしていきたいなぁ・・・って思っています。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-18 18:25 | 紅茶

金柑の甘露煮で・・・

仕事で1日中都内に出かけていました。
夕方急いで帰ってから、金柑の甘露煮で・・・
f0072846_1851474.jpg

マフィンを作りました。
明日の紅茶教室用のお菓子です。
数が多いので2回に分けて焼きました。
明日の教室は「春待ち紅茶」です。
暖かな春までまだ少し先・・・。
今の季節ならではの紅茶を楽しみます。
秘蔵の十数年物の梅酒を使ったアレンジティーも作ります。
ふふっ楽しんでくれるかな・・・。

今回の教室もすぐに定員になってしまいました。
参加をお断りした方、ごめんなさい・・・。
出来るだけ多くの方に参加していただけるように、自宅教室の日を増やそうか・・・とか、ギャラリーの教室を増やそうか・・・とか色々考えています。
スケジュールをチェックしやすいように、HPも頑張って作っています。
・・・が、相変わらずのゆっくりペースなので・・・もう少しお待ち下さい・・・。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-17 18:02 | 美味しいもの
ヒジキの作り方をご紹介します。
興味のある方は是非作ってみてね☆
分量はアバウトで大丈夫です。

欲張りヒジキ
材料 


ヒジキ・・・乾物30gたっぷりの水で戻しておく
人参・・・ 1 本千切りにする 
椎茸・・・4~5枚スライスする(干し椎茸の場合は戻した水も入れる)
レンコン・・・250gいちょう切りにして、酢水にさらす。
さつま揚げ・・・3~4枚スライスする
木綿豆腐・・・2丁水切りしないでそのまま使う。
切り昆布・・・適宜キッチンはさみで切って軽く水に浸しておく


長ネギ・・・1/2~2/3本荒みじん切りにする.
かいわれ・・・1パック4cm位に切る


醤油・・・50cc適宜    
みりん・・・大さじ1適宜
酒・・・大さじ1適宜
和風だし・・・小さじ2適宜


いりゴマ・・・大さじ4~5たっぷり
七味唐辛子・・・好みの量
山椒・・・好みの量
ごま油・・・仕上げにさっと

作り方

大きめの鍋にサラダ油(分量外)を入れ、先に人参・レンコンをさっと炒め、豆腐以外のAを加え、Cで軽く味付けする。
豆腐を加え、水分がなくなるまで、煮詰める。
味を見ながら、Dを加え、最後に風味付けにごま油を加える。
荒熱が取れたら、長ネギを加える。
完全に冷めてから、かいわれを加える。


コツは醤油は香りが飛ばないように3回くらいに分けて使うこと。
初めは醤油の塩分で野菜から水分を引き出す為に使います。
最後は仕上げにさっと!
七味唐辛子は、山椒とチンピの多いものがおすすめです。

欲張りヒジキを食べると体調も良くなるし、お腹もすっきりします。
体も軽くなるし・・・。
ダイエット中の方にもおすすめです。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-16 02:00 | 美味しいもの

金柑の甘露煮を・・・。

f0072846_2405869.jpg


グラスに入れて、白ワインと炭酸水を注ぎます。
ミントの葉を浮かべると見た目も可愛い☆
ワインがほんのり甘くなって、金柑の甘露煮もさっぱりといただけます。
カクテル用(オリーブ用?)のピックを挿しておくと金柑も食べやすいです。
シャンパンも合いそうですよ。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-01-14 02:44 | 美味しいもの