紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

浮世絵



ボストン美術館 浮世絵展に行ってきました。


f0072846_19311289.jpg


ボストン美術館が収蔵してる浮世絵は
数量も質の世界一と言われています。
日本国内でも色々美術館で浮世絵を見ることは出来ますが
これほど状態が良く、沢山の浮世絵を
一度に見ることは出来ないでしょう。


f0072846_1938306.jpg



f0072846_19384225.jpg






浮世絵収集のきっかけとなった
日本の茶を輸出していた時に張られていた
多色擦りの木版画のラベル「蘭字」

国内では現存するものは非常に少なくて
劣化を防ぐ為一般に公開されることは難しく
実際に目にすることはほとんどありません。

10年以上前、博物館の特別展で所有する蘭字を元に木版を作り
彫り、擦りを再現し復元した蘭字が数枚あります。

その時擦られた1枚と、江戸~明治の蘭字、数枚が
縁あって私の手元にあるのです。


今回の浮世絵展は
まるで今、擦られたばかりのように退色もなく鮮やかで
私の手元にあるものや他の美術館や博物館で目にしたものとは
全く違います。

墨に漆を混ぜた艶のある黒・・・
退色していない朱や紅、紫の鮮やかさ・・・
彫師の技や技術の高さが伺える、絹糸より細い繊細な線・・・
擦り師の息使いが聞こえてきそうなバレン使い・・・
絵師の感性と表現力を支えているのは
こうした影の職人達の技と技術があっての事なのだなぁ・・・と思う。



諸外国の芸術や美は、貴族や上流階級の中で育てられたものが多い・・・
日本の芸術や美の多くは、人々の暮らしの中で生まれ育まれたもの・・・

これって素晴らしいことだなぁ・・・と思う。
長い長い年月をかけて体得し、磨かれた感性と技

普段の暮らしの中で
こうした職人の魂を感じられるものに触れて暮らしていけたら
素敵だなぁ・・・と思う。

かつての日本は、そんな沢山の職人達が
人々の暮らしを支えてきたのでしょうね・・・


日本の高度成長を支えた、大量生産・・・大量消費・・・
それが良いとか、悪いとかではなくて
きっと今、私達の暮らしをもう一度、考える時期に来ているのでしょう。





[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/9645703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jyoze-mama at 2008-11-13 18:21
浮世絵は日本を代表するものですが・・・
えぇ~そんな貴重なものが貴方のおうちにあるのですか~?
すごいですね~~~♪
詳しいことは判らないけど・・・???
浮世絵は何とも色鮮やかで素敵ですよね~
沢山の職人さんたちのお陰で見れる浮世絵・・・
本当に今の時代こんなに手の込んだものが作れるのか?
考える事が多いですね~
Commented by belgium44 at 2008-11-13 19:15
chaiさん、こんばんは~♪
日本の浮世絵が、数も質も1番収蔵しているのが、ボストン美術館っていうのがちょっと複雑だけど・・・
質のいいものを色々見れてよかったですね。
え~、chaiさんがそんな貴重なものをお持ちだとは・・・
いい縁があったのですね~。
お茶のラベルがこんなに美しいなんて!
今の時代に比べたら物もない不便な時代に・・・すごいなぁ。
Commented by nao-lee at 2008-11-13 20:47
こんばんは。
このボストン浮世絵展は神戸て見ました。
とてもきれいな状態で保存されていて色が
鮮やかで美しかったです。
女性の仕草や着物の美しさにうっとりでした。
写心のなかったご時世。
海外でいう肖像画の如く,
浮世絵は絵描きにはとても嬉しいお仕事だったみたいですね。
そして、自分の技を生かせるお仕事。
描いて欲しい人気絵描きさんは行列ができていた事でしょうね^-^

Commented by bonarome at 2008-11-14 15:09
浮世絵展、なんて素敵なんでしょう。
私も行きたかったな〜。
黒の線が美しいですよね。
昨日とっても凄い満月を見たんです。
低くて大きくてゴールドの。ビルの多い香港ではあの瞬間、あの場でないと見れなかったと思うと胸がいっぱいになりました。大量生産、大量消費。考えさせられます。必要なものを大切に使う心、お金ではなく知恵を使う事を私は娘に伝えていきたいと思っています。浮世絵をみて魂が揺さぶられる感覚と同じように。きっと言葉ではないのでしょうね。
Commented by un-jour-de-fleurs at 2008-11-14 21:05
tea-tea-chaiさん こんばんは~
ボストン浮世絵展 私も見ましたよ~(笑)
これだけの数の作品の美しさに圧倒され、時のたつのを忘れたくらいでした。
ひとりで行ったので、ゆっくり見れました・・・♪
色が綺麗に残っているのが そんなにすごいんですね~!
tea-tea-chaiさんの説明がまた新たに面白かったです。
何でもご存知でスゴイですね^^
日本の美意識は本当に素晴しかったのですよね~
今 失われたものに、少しずつでも気づき、美しい日本に変わって欲しいです。
Commented by maqui-cafe at 2008-11-14 23:02
chaiさん、こんばんは^^
 浮世絵って、なぜか外国で見たり、外国の方の目線で見ることに
なる事が多くて、そのたびに、わたしったら日本人なのになぁ・・・って
プチ自己嫌悪に陥ります><
 もっと自分の国の文化を知って、誇りを持って、愛して大切に
しなくては・・・って思います。
 それにしても、chaiさん宅にあるとは!?
とても幅広いご趣味をお持ちで、いつも頭が下がります!

↑本当に色使いがキレイで色っぽい!
Commented by g0316 at 2008-11-15 01:30
ちゃいちゃま、こんばんは!
↑の方と同じように私も浮世絵というと既に
外国の目線で見てしまう自分がいます!
既に昨日だけど韓国で小磯良平氏の絵が見つかったけれど
様々な理由で自国を離れていても他国で大事にされていたのなら
またそれを拝めるのならとても嬉しいですよね!
それにしてもバレン・・・の響き懐かしいです♪
Commented by g0316 at 2008-11-15 01:31
ちゃいちゃん!!
今、同時刻相互コメ入れだったねぇ!!!!!
びっくり!共に01:30だよぉ!!!
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 00:54
jyoze-mamaさん
こんばんは♪
蘭字はもともと輸出する茶箱に貼っていたものなので、国内にはあまり残っていなんです。それに、戦争や震災でほとんどが焼けてしまったの。
お茶関係のものは、色々調べることが楽しくて、蘭字もそんな風に調べている過程で出会ったんですよ。
それも私の誕生日の日に!
お茶の神様からの誕生日プレゼントかなぁ~って勝手の思ってるんです(^^)
機械の開発は技術も素晴らしいと思うけれど、職人さんの手から生まれるものってやっぱり機会では真似出来ないなぁ~って思うんです。


Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 01:02
さおりさん
こんばんは~♪
浮世絵って国内では特別なものではなくて、普段の暮らしの中に普通にあったものなので、芸術的な価値・・・という感覚はなかったのでしょうね。
同じ時期、多色擦りの木版画は、欧米や西欧などにはなかったので、驚きと遠い日本への憧れを募らせたのでしょうね。
この浮世絵はお茶のラベルではないの・・・。
上手に写真を撮れなかったのでアップしなかったの。
蘭字はね、私の誕生日に出会ったんですよ。
うふふ・・・不思議な縁でしょう~♪
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 01:10
naoさん
こんばんは♪
naoさんも行かれたのね~。
ほんとに、キレイな状態で保存されていましたよね。
あんなに鮮やかな色の浮世絵って見たことがなくて、私ドキドキしちゃいました(@@)
着物のシルエットや絵柄、仕草・・・外国の洋服とは全く違うので浮世絵の中から伺える日本という国は、彼らの憧れだったのでしょうね。
肖像画・・・うんうん、私も描いてもらいたいなぁ~。
色っぽ~く描いてもらいたいわ(笑)
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 01:16
boneromeさん
こんばんは♪
浮世絵展、boneromeさんも絶対お好きだと思うのよ~。
浮世絵で使われている紅や朱などの色って退色しやすいのですって。
もう少し淡いクリーム色っぽいのは、もっとデリケートで、こんな風に展示しているだけでもどんどん褪せてしまうので、一般公開はされないそうですよ。
満月、私も同じ月を眺めていました。
大きくてとてもきれいでしたね。
香港と日本で同じ月を・・・なんだかロマンチックですね(^^)
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 01:29
reeさん
こんばんは♪
そうですよね、以前ブログでアップしていましたよね(^^)
私も一人で行ったんです。
自分のペースでゆっくり見れていいですよね。
浮世絵の色って退色しやすいものが多いので、同じ作品でも日本国内にある物とボストン美術館にあるものでは色が違うんですって。
今回の展示で、今まで思っていた色彩の浮世絵が本来の色ではないことを実感しました。
浮世絵をはじめ、まだまだ日本の美しいものって沢山ありますよね。
大切に残して伝えていきたいですね~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 08:31
maquiさん
おはようございます♪
そうですよね~私も詳しい訳ではないけれど・・・
海外に行くと、日本を別の角度から見るきっかけになったり、気付いたりすることができますよね。
私も、日本人なのに、知らない事がいっぱいあって、もっと日本のこと勉強しなくちゃなぁ~って思うもの。
蘭字はお茶繋がりで、色々調べていて出会ったんです。
そこから浮世絵についても勉強したり・・・
なんかね・・・私、紅茶の仕事をしてそこから枝葉が広がるように、色々な世界を知って学ぶきっかけになってるなぁ~って思うのよ。

Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 08:39
garouさん
おはようございます♪
身近にありすぎてその価値に気付かないことって多いですよね・・・。
以前、江戸時代の玩具をみたことがあって、その技術の高さに驚いたことがあるの。
からくり人形はもうその技術は継承されてないのですってね。
普通のお人形でさえお着物やお顔の表情なども素晴らしくて・・・
国内より海外で所蔵されているものの方が多いのはちょっと残念ですが、こんな風に大切に保管して今の時代まで残してくれてるのだから、嬉しいですよね♪
Commented by tea-tea-chai at 2008-11-17 08:40
garouさん
そうなの!そうなの!私もびっくり(@@)
by tea-tea-chai | 2008-11-12 20:31 | おでかけ | Trackback | Comments(16)