紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

季節の変わりめ・・・



ツバキ科のお茶の木は、ちょうど今がお花の季節です。
我が家の小さなベランダでも、毎年可愛いお花を咲かせてくれます


f0072846_20201537.jpg
f0072846_2020233.jpg


ケルト族の暦では、10月31日で一年が終わり
11月1日に新しい年が始まるという・・・
収穫の秋、実りの秋を迎え、11月1日から冬の季節にはいる。

新月(10/29)を過ぎたのに
体が重くて、心の奥がザワザワしている・・・

あれれ・・・?
上手に季節の変化に付いていってない・・・?

という訳で、季節の変わり目にいく、神社へ行ってきました。


神社の境内でお参りしてから、人形に息を吹きかけ川に流します。
気のせいかもしれないけれど、体がふっと軽くなるんです。



すっきりした気分で、近くの美術館で開かれている宮沢賢治展へ・・・

彼の世界に影響を受けた、アーティスト達の作品も沢山展示されていました。
そして、一番私の心を揺さぶったのが・・・





彼の直筆の、雨ニモマケズの原書

彼の死後、トランクの中から見つかったという
手帖に書かれていました。



雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい

 




賢治が37歳で亡くなる2年前、病床の中で書かれたものです。

鉛筆で書かれた、その文字は
展示されている彼が残した直筆の筆跡とは全く異なり
一字一字、彼の心の声を搾り出したようなものでした・・・

私は胸がいっぱいになって、涙が止まらなくなってしまいました・・・


美術館を後にして、川越の街を散歩してると
教会からパイプオルガンの音がしてきました。


以前から気になっていた、ツタの絡んだレンガ作りの教会。
音に誘われて入ると、パイプオルガンをひている方以外は誰もいませんでした。

そのままイスに座って、音に耳を傾けじ~っとしてると
始めはちょっと泣きそうな感じになって
だんだん、ザワザワしていたものがす~っと溶けていきました。



季節の変わりめ・・・
リセットして
浄化して
そして充電完了♪


家に帰ると西日が、キラキラ・・・


満月の日にもらったススキが、こんなにフワフワになったんですよ。

f0072846_2112796.jpg


f0072846_21131799.jpg




季節の変わり目・・・皆さん、いかがお過ごしですか?


[PR]
by tea-tea-chai | 2008-11-01 21:18 | ライフスタイル