紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

再び益子へ・・・




最初に向ったのが、STARNET
前回、ちょっと食べにくかったので、今回はサンドイッチ以外のものを・・・

私は御飯のプレート
f0072846_23325516.jpg


夫はカレー

f0072846_23333086.jpg


玄米に古代米がブレンドされていて
我が家で炊く玄米より少し柔らかめです。

お腹一杯になったら、上のギャラリーへ・・・
今回は二つの展示がありました。
ゆっくり見てから、隣の茶房へ・・
効能別にブレンドされた薬草茶をいただけます。
診療中じゃないかったら、脈診して体にあったブレンドを勧めてくれるんですよ。

*とても素敵なのですが、写真はダメなの・・・
民家の古材を上手に使った建物で、野の花がゆったりと活けられています。
開放された窓からは心地良い風が店内を流れゆっくりゆっくり時間が過ぎていきます・・・



入り口はこんな感じ

f0072846_233922100.jpg


建物の横には・・・

f0072846_23394816.jpg



中に入ると・・・


f0072846_23401516.jpg


f0072846_23402644.jpg


ココは江戸時代から続く藍染工房
今も変わらず藍甕も技術も受け継がれています。


奥の中庭に出ると・・・

f0072846_23431419.jpg



f0072846_2343367.jpg



f0072846_23435053.jpg



糸から布へ・・・そして藍色に・・・


もともと藍をはじめ天然の染料は
薬草として使われていた植物のエキスで
染められたものから始まったと言われています。

「草根木皮は小薬なり。鍼灸は中薬なり。飲食、衣服は大薬なり」
と古い中国の文献にあるそうです。

驚いたのは、服は病を癒すすべとして用いられていたということ。
「服用」の語源もそれが元になっているそうです。


化学繊維や化学染料の普及で
服装も華やかになり、お洒落も楽しくなってきたけれど
食べるものだけじゃなく、肌に触れるものにも
もう少し意識して素材を選んでみようかな・・・と思いました。




[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/8275366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by belgium44 at 2008-06-03 10:14
tea-tea-chaiさん、おはようございます~♪
いいなぁ~、いつでもふらっと益子に行けるなんて・・・・
本当に、いつか行ってみたい場所のひとつです。
いおのようなプレートのランチ好きだなぁ~。
古代米は大好きで、家では数種類をブレンドしてご飯を炊いているの。
藍染工房って、写真ですらはじめて見た光景です。
江戸時代からずっとこの工程が続いているのね、そして
なるほど・・・・「服用」の意味、服は病を癒すすべとして用いられていた・・・
ここからきているのですね、確かにお洋服はデザイ重視で選んでいますね~。
食に関しては、もう随分と皆さん考えていらっしゃるものね、食だけじゃなくて
衣・食・住考えないとね~・・・
Commented by un-chat at 2008-06-03 16:11
こんにちは♪
藍染めって普段着の和服や帯に着ると本当に肌さわりが良くて、
これが自然の力だな、、、と毎回思います。
服用、私のお仕事もその延長だと考えて素材選びをしてますよ!

益子って良い街並みがあっていつかお散歩したいな〜。
衣食住のバランスはやっぱり必要ですよね^^
tea-tea-chaiさんはそれが保たれている気がします。
Commented by kohaku at 2008-06-03 21:27 x
あーーなつかしい~!この藍染工房15年以上前に行った事あります・・・実は私以前染織をやっていて8年前にやめました。15年位やっていたんですよ!ここに藍染に行った事あります。藍の香りがして 泡がぶくぶくして藍が生きているんだなーと感じました。草木染は色々やりましたが私はこの藍染の香りと色が大好きです・・・染め方で風情が変わるんですよね~!腰を悪くしてやめましたが ちょっともったいなかったな~ それにしてもここのレストラン 体によさそうなお食事ですね!私はおなか一杯にならなそうだけれど・・・笑
Commented by jyoze-mama at 2008-06-03 22:22
古代米のランチ・・・これと同じ様なランチを食べさせてくれる所が
こちらにもあります。
貴女が頂いたようなランチとカレーとそして・・・
そこもまた自分では作りませんが・・・同じ様なサンドイッチがあるんですよ~(笑)
そしてお隣では色々な雑貨と洋服を置いてます。
それからティータイムにも素敵なデザートがあります。
こちらで拝見して今度また行ってみたくなりました(笑)

藍染工房何だか昔に帰ったみたいで良いところですね~
それに藍に関する良いお話すごく為になって有難うございます。
実は我が家には藍のお花があるんですよ~
山口東部物産展の山野草のコーナーで見かけ買ってきました。
別に藍染をしようと思って買ったわけではなくて・・・
タデに似た可愛いお花が気に入って買いました。
種が落ちて今年は沢山育ってます。
またお花が咲きましたら御紹介しましょうね~!


Commented by mame-neko3 at 2008-06-03 23:42
へぇ~そうなんですか
服用ってそういう意味があったんですか
衣服が病を癒す・・・
なるほどね、私も気をつけてみよう^^
いやホント、ちゃいさんにはいつも
いろいろ教えてもらって感謝してます^^
Commented by aamui at 2008-06-04 10:20
ねねさんと同じく 藍を身につけると 何か違う 落ち着きます 
ここは決心して行ってみたいな 食べたいな
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 20:34
さおりさん
こんばんは♪
益子は車で1時間半~2時間くらいでいけるの。
きっとさおりさんお好きだと思うのよ~。
そうそうこんなプレートって良いですよね。
私も大好き。
さおりさんは古代米をブレンドして入れて炊いてるのね。
私は市販の雑穀米の素みたいなのを時々混ぜてるの。
体が喜んでるような気がするの(笑)
服用・・・確かに着る物で気分も変わるし肌触りがいいと気持ち良いし・・・
もう少し気にしてみると色々新しい発見もあるかも・・・ね。
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 20:41
ねねさん
藍のお着物を来てるねねさんを想像してしまいました。
うふふ・・・色っぽい☆
綿や麻、絹、藍、紅花など素材も色も命あるものから生まれてきてるのですよね。
それを上手に形作り、染め上げ、仕立てるのも人の手から・・・
様々な命ある物から生まれる服は、だから人を癒すのでしょう。
ねねさんのお仕事も、そうなのですよね。
素敵なことですよね♪
益子、きっとねねさんお好きだと思いますよ~(^^)

Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 20:49
kohakuさん
こんばんは♪
染織をされてたのですね。
そしてこちらで実際に藍染めをしたなんて素敵!
子供の頃・・・たしか小学校の国語の教科書の中で、桜の皮で布を染める話がのっていて、心ときめかせていたんです☆
それから玉ねぎの皮でも染められると知って台所で集めたんだけど、子供だったので結局染められなかったんです。
以前、紅茶染めはチャレンジしたことがあるのですが・・・

Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 20:56
jyoze-mama さん
jyoze-mama さんのお近くにも、こんな感じのお食事がいただけるところがあるのですね。
あまり手をかけず、素材そのものの美味しさを味わえるような感じのって良いですよね。
お洋服や雑貨もあると、楽しさも倍増しますね。
天使ちゃんと一緒には、まだ行けないかなぁ~?
お昼寝してる間に、ちょこっと・・・だったら大丈夫かしら(^^)

お庭に藍があるなんて素敵ですね~。
私は今回初めて見ました。
この葉や茎から、あの深い青が生まれてくるのだなぁ~って思ったら、不思議な感じがしました。
お花は咲いてなかったので見てみたいです。
咲いたら、写真アップしてくださいね~♪
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 21:00
mame-nekoさん
こんばんは~♪
衣服が病を癒す・・・なんだか素敵ですよね。
たしかに、肌触りや着心地がいいものって、自然素材が多いもの。
シルクや麻って気持ちいいですよね。
気にして見ると、きっと毎日気持ちよく過ごせるような気がします。
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-04 21:03
aamuiさん
こんばんは~♪
藍染めのものって、あの色が落ち着くんですよね。
でも昔の浴衣くらいしか、私もってないの・・・。
益子は、少し遠いかしら?
この工房、とっても素敵だったので、是非行って見てください♪
Commented by maqui-cafe at 2008-06-04 22:20
こんばんは^^
 スターネットのご飯、身体に染みそうですね~
古代米や玄米、五穀米など、選べるお店が増えてきて
たいていわたしはいつもそちらを選ぶけど、奴はほかほか白米派なので
なかなか家ではしょっちゅうこういうご飯は無理で・・・
旦那さまはお好きですか?^^

そして、藍染工房、いい風景ですね。
服用・・・ってそういう事だったのですね~
好きな服をまとうと気分がいいし、そういう事も含まれるのでしょうか。
うちの近所に、染物屋さんがあるんです。
朝、でかける時に、作業場が見えて、中で働く若い人が
いい顔で準備してるんです。
こういう伝統がずっと受け継がれていきますように、と思います。
Commented by karibu-chai at 2008-06-05 09:13
おはようございます~
又益子でステキな時間を過ごされたのですね・・・
体にいい食材で・・体に良いもの・・・健康志向が益々強くなって行く気がします・・・
色々勉強され、好奇心も旺盛なchaiさんですから、こんな藍染も
勉強方々訪れたのですね・・・藍染は何かほっとします。元来この「藍」の色
好きなんですが・・・人の手を時間をかけて作られると・・・それだけで
作り手の優しさ・想いれなど時間と気持ちが感じられて癒しに似た
気持ちにさせられます。
Commented by bonarome at 2008-06-05 16:47 x
香港には自生の大きな綿の木があるんですよ。はじけた実がファファとタンポポの綿毛のようですが、あまり綺麗な景色ではないのが残念です。
藍は大好きな色です。藍染も大好き。いつかこんなところを尋ねてみたいと思うような場所を教えて頂きました。ホントに素敵な場所をご存知ですね。

Commented by tea-tea-chai at 2008-06-06 17:44
maquiさん
こんにちは♪
ご主人様は、ふっくら白米派なのですね。
玄米のパサパサした感じが苦手な方も多いですよね~。
我が家は白米と玄米を料理にあわせて使い分けています。
私も夫も少し固めに炊いた玄米が好きなの。
だから普段は玄米が多いなぁ~。

近くに染物屋さんがあるんですね。
いいなぁ~。
私ね、物が作られる過程とか現場が好きなの。
表には出ないけれど、彼らがいるから今私達が手に取ることが出きることを忘れちゃいけないと思うの。
物も食べ物も全て、感謝して大切にしたいですよね♪
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-06 17:58
karibu-chai さん
こんにちは♪
用事があって、また益子に行ってきました~。
藍染めの工房は、先日友人に連れて行ってもらったのですが、ちょうど定休日だったの。
今回は絶対こちらに伺おうと思っていたので夫に連れて行ってもらったんです。
初めて見る藍甕や工房の中は、ほんとに素晴らしくて感動しました。
そして代々ず~っとこの藍甕を使い、糸を紡ぎ、織り、染める・・・
その長い年月と変わらない職人の技や技術を考えると、「安・近・短」といわれる対極にある物の尊さを感じずにはいられませんでした。

Commented by tea-tea-chai at 2008-06-06 18:04
bonarome さん
香港には自生の綿の木があるのですね。
教室の生徒さんが以前綿を育てて、糸を紡ぎ布を織りたい・・・
と言っていて、綿を育ててたんですよ。糸紡ぎの道具も古道具屋さんで探してたの。
藍の深い青は なんとなく bonarome さんのイメージですよ~。
帰国した時には是非行ってみてください(^^)
Commented by あおい at 2008-06-07 17:35 x
我が家も今日は玄米ご飯です
玄米「ひとめぼれ」にもち米と小豆をブレンドしました
玄米で食べるときのお気に入りは「ミルキークイーン」と言うお米
これがないときには今日みたいにもち米を少し足して炊きます

ここ数年、夏のお部屋にと藍染の暖簾を探しております
でもなかなか良いのが見つかりません、デザインとか金額とかね
Commented by tea-tea-chai at 2008-06-08 21:55
あおいさん
こんばんは♪玄米にもち米と小豆のブレンドなんて美味しそうですね。
我が家は、玄米の時はそのままか、雑穀を混ぜるくらいなの。
そして、玄米はアイガモ農法で作ってるお米なのですが、白米は「ミルキークイーン」なんですよ~。
つやつやでもっちりしていて美味しいですよね。
混ぜたことはなかったので今度家でもやってみますね。

藍の深い青は、夏は涼しげでいいですね。
気長にお気に入りを見つけてくださいね~(^^)
by tea-tea-chai | 2008-06-03 00:02 | おでかけ | Trackback | Comments(20)