紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

茶馬古道





昨日はCafeでの紅茶教室でした。
テーマは「茶馬古道」

f0072846_21525330.jpg


バター茶、製造工程の違うプーアール茶など、珍しいお茶も召し上がって頂きました。

お茶にあわせて特別に作ってもらったのが、胡桃とレンズ豆のタルト。
ティータイムに合わせて焼き上げてくれるので、もう・・・最高に美味しいの。

f0072846_21562540.jpg


茶の源流、シーサンパンナの少数民族に伝わる茶の話。
文字を持たない彼らが、1000年以上も前から歌や口伝で伝えてきた茶の歴史と文化・・・
その文化や暮らしが急激に変化し消えようとしている。

一杯の茶の向こう側にあるそんな物語を知ることで
何かを感じ、気付くきっかけになってくれたら嬉しいです。





[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/8166038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aamui at 2008-05-23 00:16
出来立てのお菓子とお茶のお話 さぞ良い香りが・・・・・
Commented by belgium44 at 2008-05-23 16:05
tea-tea-chaiさん、こんにちは~♪
レンズ豆がタルトに!これはじめて聞きました~。
どんな感じなのかなぁ~、きっと今回の紅茶とテーマに合った美味しいケーキなんだろうなぁと思います。
文字を持たない民族といえば、アフリカの一部を思い浮かべますが
中国といえども巨大な国だから、そんな独自の暮らしをした
少数民族の方々がいらっしゃるのですね。
都心部に住む圧倒多数のみんなが、その人たちの暮らしを変えてしまうのかな。
守って残っていってもらいたいですね。
Commented by nao-lee at 2008-05-23 21:51
こんばんは〜
中国茶と聞くと何だかからだに良さそうに思ってしまいます。
お茶の入れ方も溢れさせたり、香りを楽しんだりと、
ここの流儀もありますよね。
引き継がれて来たお茶の伝統。
奥が深そうですね〜
一緒に出されたタルトもからだに良さそうですね^-^
Commented by kohaku at 2008-05-24 19:10 x
tea-tea-chaiさんこんばんわ・・・今回は家の用事で参加できなくなり大変残念です。茶馬古道は大変興味があったしtea-tea-chaiさんにもお会いしたかったのに~!また他の機会には是非参加したいと思っていますのでよろしくお願いします。胡椒とれんず豆のタルトって興味津々~どんな味なんだろう?大人の味が想像されますが・・・想像してみると中国茶が口の中をさっぱりとしてくれて洗練されたイメージがありとても合う感じがします。このタルト 説明されるとしたらどんなお味なんでしょうか~?
Commented by tea-tea-chai at 2008-05-25 00:48
aamuiさん
こんばんは♪
セミナー中にタルトを焼き上げる甘くて香ばしい香りがしてくるの~。
ここのお菓子はホントに美味しくて、私も楽しみにしてるんですよ~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-05-25 00:58
さおりさん
こんばんは~♪
このCafeの人気メニューに、レンズ豆のモンブランがあって、それが最高に美味しいの~。
今回はク胡桃の香ばしさとスパイスを少し効かせた、歯ざわりの良いコクのあるタルとでした。
毎回お茶とお菓子のペアリングは何度も打ち合わせして、作ってもらうので、今回の黒茶との相性も好評でした~。
アフリカもそうなのですね。
国内の教育や生活レベルを同じようにする事は、大切なことだとも思うのですが、それと同時に個性とか独自の文化も薄れてしまうことでもあるのだなぁ・・・と感じました。
何処の国に行っても、同じ言葉を話し、同じ服を着て、同じ家に住んで、同じ食べ物を食べる・・・
なんだかちょっと寂しい・・・って思うのは、私のエゴなのかしら・・・ね。
Commented by tea-tea-chai at 2008-05-25 01:09
naoさん
こんばんは~。
中国茶・・・うふふ体に良さそうでうすよね。
帰国してから、セミナーの構成や、ティーフードのペアリングや、お茶の特長やアレンじジなどを考えながら、プーアール茶を飲んでいたのですが、このお茶、デトックス作用がとても強いなぁ~って思いました。
利尿作用は紅茶の方があるけれど、体を温める作用紅茶より強い感じがします。
淹れ方でも風味が変わるのよ。
少数民族のお茶は、竹筒で作るお茶や、塩や山椒、ニンニクなどを入れる、スープのようなお茶があったり、私達のイメージする茶とは全く違うので面白いの。
タルトも絶品だったのよ~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-05-25 01:21
kohakuさん
こんばんは♪
いえいえ、私からの連絡が不十分ですみませんでした。
茶馬古道は、あまり知られていないことが多いのですが、彼らの暮らしや生活環境などから、今の日本では忘れられてしまった何かを感じずには入られませんでした。
いつか機会がありましたら、是非聞いて頂きたいわ~。
タルトは、しっかりタイプで、胡桃の香ばしさと黒糖のコクとスパイスの香りがアクセントになっていました。
黒茶の土っぽい香りにスパイスの香が上手く調和して、すご~く合うんですよね~。
毎回、お菓子とお茶のペアリングを考えるのも楽しいんです。
by tea-tea-chai | 2008-05-23 00:14 | 紅茶 | Trackback | Comments(8)