紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

宝物・・・



気持ちの良いお天気でしたね。
我が家のメメちゃんファミリー(めだか)も
冬越し用のお家からお引越しをしました。

うふふ・・・嬉しそう♪

f0072846_283930.jpg


週末、夫はお仕事だったので、私もお家でお仕事。

雲南から持ち帰ったお茶を飲みながら
少しずつ旅のこと、茶馬古道のことをまとめています。

4月に、サロンとギャラリーで、5月にCafeで「茶馬古道」教室をするので
以前から調べていた事と、照らし合わせながら、構成を考えています。

今回は、紅茶というより、雲南のお茶の内容になるかなぁ・・・

f0072846_210411.jpg


このお茶は、茶畑で摘み取られた茶葉を
炒ったり揉んだりして乾燥させたお茶です。

荒茶といわれるものなのですが
この茶葉を問屋が購入して、更に手を加え
プーアール茶や固形茶(固めたお茶)を作ります。

とても素朴な茶葉そのままようなお茶なの。



そしてこの旅で、私の所にやってきた宝物♪

もともと、高価なブランドものや、宝石などには全く興味がないので
他の人から見たら私の宝物は、ガラクタに見えると思うのですが・・・

それでも、私にとっては、ドキドキする大切な大切な宝物
数少ない、そんな宝物のひとつが、コレ


f0072846_148921.jpg


私が訪れた、色々な国の、色々な場所のお茶の葉

持参した、ノートに挟んで、押し葉にして持って帰ります
キレイに乾燥したら、ラミネーターで加工するの
こうして見比べると、国や、産地、品種の違いが良く分かるでしょ。

今回も、ハニ族の茶畑や、ジノ族の茶畑、思茅の茶畑の葉を持ち帰りました

でも・・・唯一持ち帰らなかった葉があります





樹齢800年の茶の木


今回出会った800年の茶の木は、とても触れることは出来ませんでした。

以前見つかった樹齢800年の茶樹王は
人が訪れるようになってたった5年で枯れてしまいました。


この木の前で思ったこと・・・

私達は、自然界にないものを沢山身にまとっているのだなぁ・・・と感じました。
それは、自然の中では異質なもの

木も森も山も土も・・・その異質なものは
心地良いものではなかったのでしょう
嬉しいものではなかったのでしょう

私達は自然から沢山のものを頂いているのに
その自然に私達は何を返してあげているのかな・・・
人が訪れて、木や花や大地が、生き生きと元気になってくれたら嬉しいのに・・・

人の存在が、心地良く、嬉しいものになった時
やっと私は、この木に触れることが出来るのだと思いました。




[PR]
by tea-tea-chai | 2008-03-24 02:42 | 思うこと