紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ただいま♪


無事、中国から帰国しました。
今回の旅は、お茶三昧の旅でした。


私が訪れた場所は、中国の雲南省の端っこ・・・
飛行機を乗り継ぎ、昆明で一泊し、国内線で西双版納へ・・・・
そこから更に車で数時間かけてメコン川の上流にむかいます。
(日本を出発してから、目的地に到着するまで、1日半かかりました。)

f0072846_043424.jpg


ガタガタ道はまるで何かのアトラクションのように体がぴょんぴょんと飛び跳ねます。

ここは、ミャンマーやラオスの国境のすぐ近く
多くの少数民族の暮らす場所

その様子は、マーケットに行くと良く分かる。




今日は、彼らのファッションチェックにしちゃおう♪




f0072846_0474137.jpg


f0072846_0475535.jpg


f0072846_048646.jpg


f0072846_0481658.jpg


f0072846_0483171.jpg


f0072846_0501568.jpg


f0072846_0503012.jpg


f0072846_0504564.jpg


f0072846_0505979.jpg


f0072846_0511349.jpg



彼らの住む部落を訪れ、独特な茶を頂いてきました。


そして、旅の間に迎えた新月
感動の出会いがありました








f0072846_056395.jpg



出会えたのは、樹齢800年の茶の木

以前、「茶樹王」として樹齢800年の茶の木が広く紹介されてから、多くの学者や、茶の研究家が国内外から訪れるようになった
すると茶の木はどんど元気がなくなり・・・やがて枯れてしまった・・・
たった数年で・・・

枯死した茶樹王の近くに樹齢500年の茶の木があるけれど、400年、500年の茶の木は珍しくないそうです。

今回出会えた、800年の茶の木は、昨年見つかったばかり
ただ、前回のことがあるので、日本へも紹介されていない。
ここへ訪れているのは中国の茶の研究者くらいだという

日本人として(もしかしたら外国人としても・・・)初めてこの茶樹に会うことが出来た。
その姿は、茶畑で見る茶の木とは全く違う。
目の前にいる私は、なんて小さな存在なのだろう。
胸がいっぱいで、涙が出そうなってしまった

ゴツゴツとした枝の先には
小さな新芽がいっぱい芽吹いていた

f0072846_128723.jpg


新月の出会い・・・お茶の神様が会わせてくれたのかな・・・





[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/7656601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bonaorme at 2008-03-14 12:47 x
おかえりなさい。私もキーをたたく手が震えています。800年の木を見せて下さり(気持ちは拝ませて頂いて)ありがとうございます。
大変な事もあったかと思いますが、お疲れ様でした。そのかいあって素敵な出会いがあったのですね。
この木は触ってもいいのですか?でも神々しくて手をあわせていまいます。お茶のお話も聞かせていただきたいな~。楽しみにしています。
私は子供達のことを考えた新月でした。
Commented by y_and_r_d at 2008-03-14 13:08 x
こんにちは。
とても真似できない
斬新なカラーコーディネートに驚いています。
これこそ地に足のついたファッションなんでしょうね。
そして樹齢800年の茶の木に感じる
生命力もただただ唖然とさせられました。
Commented by karibu-chai at 2008-03-14 13:09
おかえりなさ~い!ご無事で・・・何よりでした。
chaiさんの興奮が伝わってきます。。。
珍しいお茶をいただいたり・・・樹齢の古い茶樹に出会ったり・・・
いい体験をなさいましたね。
大事な大事な茶樹ですから、皆で守らなくてはね・・・

先日BSで茶馬古道を観て・・・とても感動しました。
そんなところに行くのは、大変だったことでしょう・・・
ファッションも興味深いですね・・・
これからのご報告、楽しみにしています。
先ずはお疲れをとって・・・くださいね。
Commented by ree at 2008-03-14 23:56 x
おかえりなさ~い♪
貴重な体験でしたね!  本当に奥地ですね!
皆さんのファッション!カラフルで、おしゃれですね!
生活がそこにあり、パワーを感じます。
お茶の樹  はじめて聞きました。  800年 すごいですね!
感動です。  きっと たくさんの人に会うとストレスを感じるのかしら・・・。
素敵な出会いでしたね。  また色々なお話楽しみです。
Commented by belgium44 at 2008-03-15 00:08
tea-tea-chaiさん、こんばんは~♪
そして「お帰り~!」
とても内容の濃い、充実した旅だったようですね。
中国はとても国土が広いから、発展していってる都心もあれば、このような和やかな暮らしをしているところもあるのですね。
彼女達のファッションにはびっくり!
日本ではとてもここまでカラフルな色は、若者でも着ないものね。
とてもお洒落です、高価なブランド物でなくてもね!
そして私も「お茶の樹」ははじめてです。
みんなが世界から訪れて痛めてしまったのかな。
貴重なものを見れてよかったですね、そして守っていかなければ・・・・
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-15 19:45
bonaormeさん

この木にたどり着くまで、ひたすら山を歩いて出会えたんです。
この木の周りには簡単な囲いがあったけれど、手で触れることは出来ます。
でも・・・触れてはいけないような気がして、眺めて写真を撮るだけにしました。
目の前で、同じ空気を感じ呼吸しているだけで、胸がいっぱいだったの。
新月の日、bonaormeさんは、お嬢様のことを想っていたのですね。

Commented by tea-tea-chai at 2008-03-15 19:52
y_and_r_d さん
こんにちは♪
この色の組み合わせは、ビックリしますよね。
ショッキングピンクのタイツに、コバルトブルーのショートパンツ(?)に、黄色のスカーフとか・・・・もうビックリでした。
色の洪水なのですが、その土地の空気感とあっていて、私はただただ、綺麗だなぁ・・・と思って眺めていたの。
樹齢800年の茶の木は、その力強さに圧倒されてしまいました。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-15 20:08
karibu-chai さん
ただいま♪
無事帰国しました。
ほんとに、いろいろな体験と出会いがあって、まだ自分の中で消化できていません。
想像していた以上のスピードで色々なことが変化していて、今回訪れたのが、ギリギリのタイミングだったかな・・・とも感じました。

昆明やシーサンパンナでは、少数民族の暮らしを展示するテーマパークのようなものが作られています。
オリンピックに合わせて、高速道路もどんどん作られています。
彼らの暮らしや、村の様子なども・・・その変化の波が訪れています。
今回は、まだ、彼らの素の暮らしや文化、生活の中のお茶、茶畑、製茶など体験して、色々なお話を伺ってきました。



Commented by tea-tea-chai at 2008-03-15 20:24
reeさん
ただいま~♪
もう・・・色々な体験をしてきました。
日本人どころか、観光客もいない場所だったので、彼らにとっても珍しかったみたい・・・
現地に人と同じ食事をして、扉のないトイレや、2人一緒に入るトイレにも慣れたころ帰国しました。
マーケットは、様々な色が溢れていました。
自分の服装を見て、・・・地味・・・って思っちゃったもの(笑)
800年の茶の木は、前回のことがあったので、場所も秘密にしてるんですって。
これから、900年、1000年と生き続けてもらいたいなぁ・・・。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-15 20:32
さおりさん

ただいま~♪
ほんとに中国は広い!っておもっちゃった。
昨年、訪れた武夷山とも全く違う風景だし、人も顔も違うの。
ここは中国っていうより、タイとか、東南アジアに居るみたいでした。
ミャンマーにも近いので、彼らが身に付けてる洋服はミャンマーのロンジー(巻きスカート)やシャンバック(肩掛けかばん)と良く似ていたし・・・
多分、オリンピックの後、ガラリと変わってしまうと思います。
今回がギリギリのタイミングだったかなぁ・・・
お茶の木も、そっとしておいてくれると良いのだけど・・・。

Commented by mame-neko3 at 2008-03-16 00:51
お帰り~^^
すごいなぁ、お茶の木ってそんなに長生き?なんだ
知らなかったなぁ
しかし、中国ってさすがに大きな広い国ですねぇ
民族もどんだけいるか
服装もまったく違いますね
でも、カラフルで綺麗 ^^
Commented by shiki_cappa_m at 2008-03-16 01:26
おかえりなさい!
良い旅だったのですね。
何百年も生きてきた木、本当に自分がちっぽけに思えますね。
彼らはきっと人やそれ以外の生き物の気をダイレクトに受けてしまうのでしょうね。
逞しく、また生きて欲しいですね。

施基
Commented by maqui-cafe at 2008-03-16 22:38
おかえりなさい!!
  お茶の神さまの愛をお受けになった今回の旅・・・
ほんとうに素敵な出会いをされたのですね・・・。
きっとその場で感じられたことは、目を閉じればいつも思い出されて
一生、chaiさんの心の奥に刻まれますね。
宝物ですね。

そして民族衣装のカラフルな重ね着、わくわく見ました。
わたし、民族的なモノにとても惹かれます。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-17 22:19
mame-nekoさん
こんばんは~♪
とっても大きくて、大木って感じでしたよ~。
通常の茶園では20年以上の木は弱ってしまうので、常に次の茶の木を育てながらベストな状態にしてるの。
カラフルな服装は、まるで東南アジアみたいでとっても綺麗でしたよ~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-17 22:24
施基さん
ただいま♪
とっても楽しい旅でした(^^)
樹齢800年というと平安時代からず~っと生き続けているんですよね。
私が知ってる世界は、とってもとっても小さくて砂粒どころか、ミクロの単位だわ・・・って思っちゃった・・・。
いつも思うのですが、自然の中に身をおくと、とても謙虚な気持ちになるんです。
どうか、この茶の木が、ず~っと生き続けて、この世界を見続けて欲しいと思いました。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-17 22:28
maquiさん
ただいま~♪
ほんとに素敵な出会いに感激でした。
この木の見てきた時代を思うと、私の世界はとっても小さいのだなぁ・・・って改めて思いました。
民族衣装の重ね着、素敵でしょう。
日本では「!」って感じだけど、ここでは、とっても綺麗で自然だったんですよ~。
同系色の重ね着だったら、日本でも大丈夫かも・・・
Commented by un-chat at 2008-03-17 22:31
tea-tea-chaiさんお帰りなさいませ!
充実した旅だったようですね。その感動がひしひしと伝わって来ました。
お茶の神様、月の神様が tea-tea-chaiさんを呼んでくれたのですね。
こちらまで嬉しくなってしまいます。

そしてこの民族ワールド、色使いが素晴らしい!!!!
大好きな民族衣装、世界中を旅してでもその地で体感してみたいな〜。

遠い所からのご帰国、お疲れが出ませんように♪
Commented at 2008-03-17 22:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2008-03-18 00:27
お茶の木が迫ってきました お帰りなさい 又楽しみに読ませていただきます
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-19 00:07
ねねさん
ただいま~!
とっても楽しく色々なことを知り考える旅でもありました。
ここのマーケットは、ホントに楽しくて、人も素朴でした。
カラフルな色使いはとっても綺麗でここの気候、ここの土地に合っていました。
ねねさんだったら、もっと色々な見方ができるのでしょうね~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-19 00:09
鍵コメさま

いえいえ、こちらそこ嬉しいです。
私もおそろいなの。
綺麗だな~って毎日眺めてるんですよ。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-19 00:11
aamui さん
ただいま♪
迫力あるお茶の木でしょ。
写真をまとめたら少しずつアップしますね。
Commented by kohaku at 2008-03-19 19:31 x
tea-tea-chaiさん 遅くなりましたがお帰りなさい~ 遠くてお疲れになった事と思います。この木との出会いはすごいですね!しかも新月の時になんて・・・めぐりあわせとしか思えませんね・・・一生の記憶に残る出会いだったのではと察します。chaiさんはこの木と向き合ってどんな対話をなさったのでしょうか?どんな感動をうけ自分の中の何がかわったのでしょうか?そんなお話も聞きたいですね!衣装の件ですが、TVでしか見た事のない衣装 とても個性的ですね!そして何より笑顔もいいですね~自然の中での色や人っていうのは わさわさとした日本などにはない素晴らしさを感じます。
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-21 00:09
kohakuさん
ただいま~♪
新月の日の出会い、本当に感激でした。
この木の前で、色々なことを思いました。
ちょっと長くなるのでブログでアップしますね。
マーケットの鮮やかなファッションは、とても新鮮でした。
昨日、通勤ラッシュの時間帯に電車に乗っていたのですが、ホームに溢れる人々の服装がモノトーンでとっても暗く見えたもの。
春は、明るいキレイな色を着たいなぁ・・・って思っちゃった(^^)
by tea-tea-chai | 2008-03-14 01:29 | わくわく | Trackback | Comments(24)