紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ホントはフランスに行きたいの・・・



f0072846_2314582.jpg


旅のスタイルが変わってきた・・・

初めての海外は、王道の(笑)ハワイや、タイ、マレーシア、香港、シンガポールなど
比較的近いアジアを廻る旅をしていた。

その次は、ダイビング旅行
モルディブやオーストラリア、慶良間諸島など海の綺麗なところを目指して旅をした。

その次は、バリ島
自然の中に身をおく心地良さにはまって、5~6年続けて訪れていた。


そして・・・

今は、紅茶の産地や歴史を辿る旅、紅茶文化に触れる旅へ変わった。






ダージリンの茶園や工場・・・

f0072846_23164392.jpg


f0072846_23123788.jpg


アッサムの茶園や工場そしてチャイ屋・・・


f0072846_2314964.jpg


イギリスの家庭にお邪魔して、スコーンの作り方を教わったり・・・
f0072846_2317533.jpg


ロンドンのティールームでアフタヌーンティーを愉しんだり・・・

そうそう・・・美味しい物チェックも忘れませんよ♪

f0072846_23215197.jpg


f0072846_2322571.jpg



スリランカや、中国の武夷山、台湾・・・・

紅茶や茶の知識は、本で勉強して知ってるつもりでも
実際に行ってみると新しい発見がある。
そして、本に書いてある事と違うことも・・・結構ある・・・。

「見ずして、聞かずして、語れず」

これは、大好きな友人から教わった言葉
そして私も、大切にしていること・・・


私は「教える」ということに、そしていくらかのお金を頂いていることに
とても大きな責任を感じてる。

本に書いてある事だけなら本を読めばいい・・・
お金を頂くということは、それ以上の知識と経験と、奥深さを持たなくて申し訳ないと思ってしまう。

だから、紅茶のお仕事で頂いたお金が少し溜まると、私は茶の産地へ旅に出る。
そこで見たこと、感じたこと、新しい発見などと共に、ずっと調べてきた紅茶の知識を、現地で仕入れてきた茶を味わってもらいながら、教室でお返ししている。

来月、また旅にでる。
場所は、中国の秘境・・・雲南省。
ミャンマーやラオスなどの国境と接し、少数民族の暮らす山岳地帯。
ここから、茶が運ばれた道を茶馬古道という。
私が、数年前からず~っと調べ続けているテーマのひとつ。
中国から資料を取り寄せたり、何度も中国に出かけている知人にリサーチしたもらったり、様々な角度から調べていた。

やっと行くことが出来る。
そして・・・やっと教室でお伝えする事が出来る。


こんな風に、茶の歴史を辿る旅、産地を辿る旅はこれからも続くのだろう


でもね・・・
ホントは、イタリアやフランスにも行きたいの・・・(笑)



[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/7542934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by karibu-chai at 2008-02-25 00:17
雲南省に行かれるのですね~いいな~ワクワクですね・・・
「茶」のルーツは中国ですから、是非 武夷山や雲南省辺りは
行ってみたい所・・
単に観光ではない旅は、現地の事情に詳しい人を介すると、成果が
全然違いますね・・・それにインドやスリランカは治安が不安定ですし・・・
中々状況がつかめないと難しいです・・
chaiさんも、どんどんご自分のテーマをもって突き進んで勉強なさる
その姿勢は、すばらしいことだと思います・・・
又お話伺うのを愉しみにしています。気をつけて行って来てね・・・
イタリアやフランスはご主人様と又行ってね~!
Commented by bonarome at 2008-02-25 09:05 x
雲南省は主人の父が仕事でよく出かけていた場所。とても親しみがあります。私の父の生まれた場所でもある為、いつか行って見たい中国本土。数年前、雲南へ主人が出張した際に茶器を買ってきてくれました。茶葉が育った場所に訪れ、学び、そしてそれを伝える場をもっていらっしゃる事って素晴しいと思います。気をつけていってきて下さいね。お土産話楽しみにしています。私もフランスに住みたいのに香港に住んでます。
Commented by un-jour-de-fleurs at 2008-02-25 23:40
色々なところへ、行かれたのですね~☆
たくさんのことに興味をもち、それぞれのことに深く勉強され、言葉一つ一つに とても説得力と、知識の幅を感じます。   すごいな~☆
上手く言えずにごめんなさい・・・。
雲南省へのご旅行 楽しみですね♪
お土産話 待っていますね^^@
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-26 08:30
karibu-chai さん
そうなんです・・・雲南省の端っこ・・・シーサンパンナに行ってきます♪
実は昨年の末までは、インドのある茶園からもご案内を頂いていて、ダージリンに行こうと思っていたんです。茶園に滞在させてもらえるの。
でも中国は、今すごいスピードで変化しているので、今年の北京オリンピック後は、本来の姿や文化が「観光:とか「パフォーマンス」に変わってしまうと思ったので、やっぱり中国に行くことにしました。
数年前から雲南省では世界に向けて観光客を呼ぶ為のプロジェクトがはじまり、茶馬古道を世界遺産にしようという動きもあって、急激に変化しているのを知っていたので・・・。
インドの茶園は、また機会があれば是非滞在させてもらい、彼らの生活を体験してきたいと思っています。
ほんとはね・・・ヨーロッパにも憧れてるんですよ~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-26 08:47
bonarome さん
え~!そうなんですか~?
雲南省って、どんなところなんだろう?
ここ数年で、凄く変わってるみたいですね。
私が今回行く所は、もっと端っこの、国の近くです。
民族ごとに違う茶の飲み方を、それぞれの家庭にお邪魔して飲ませてもらうの。
茶園や、工場、茶畑、マーケット・・・とお茶三昧の旅になりそうです。
皆さんのブログにお邪魔して、フランスへの憧れは増すばかり・・・
いつか行ってみたい国なんです(笑)
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-26 09:05
reeさん
働いて、お金を貯めては海外に行っていました(笑)
知らない世界を知ることは楽しいし、刺激的だし・・・そして改めて日本を知るきっかけにもなってるような気がします。

多分、私はいつも自信がないのだと思います。
恩師・・・というか上司だった人は、紅茶を研究して数十年になるけれど、それでも、いつも謙虚に、まだまだ知らない事があるといって、茶の産地に向っています。
身近に見ていて、どんなに学んでも、どんなに沢山の経験を積んでも、いつもそのずっと先を歩いているんです。
だから、私は、まだまだ未熟だなぁ・・・と思ってしまう。
追いつくことは出来ないけれど、立ち止まらずに、ゆっくり自分のペースで前に進んでいこうと思っています。
雲南・・・うふふ楽しみなの。
お土産話、楽しみにしててくださいね~。
Commented by fu-wafu at 2008-02-26 11:02
chaiさんのその真摯な態度が、お人柄にもセミナーにも表れていると思います。
私はホントいい縁をいただいたなー。

もうすぐ雲南ですね。
笑顔を向ければ、きっと何かを返してくれるはずです。
でも、市場に行く時は油断しないでね。
旅慣れたchaiさんに今さらだけど、
お財布は分けて、大金を見られないように。
バッグは肩掛けの前バッグで、ファスナーの開け口は見えるところに。
それから、除菌用のウェットティシューとおやすみマスクも忘れずに。

Commented by kohaku0000 at 2008-02-26 20:04
年とともに行きたい場所がかわっていく・・・自分の興味の変化の歴史ですね・・・私もchaiさんと同じ様に一箇所気に入ると何度も何度もいくタイプです・・・それにしても昨日アフタヌーンティーを頂きながら紅茶関係のお友達と中国のお話をしていてこの話題だったのであまりにもタイムリーでびっくりしました。是非色々と吸収してきて素敵な講座を開いてくださいね!
Commented at 2008-02-26 20:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by un-chat at 2008-02-27 00:16
tea-tea-chaiさんらしくて素晴らしい事だと思います。
その勉強熱心なレッスンを受けられる方々が羨ましいですね♪
急激に変わりつつ在る中国、旅のスタイル、茶の世界に生きると言う事、
色々な思いが交錯しながら何度も読ませて頂きました。
ヨーロッパ(特にフランス)は場所にもよりますがいつでも【観光】出来ますし、国自体が観光名所なのであまり惑わされずに行かれると良いですよ。
私も自分の旅が変わってきました。
これからも変わりながら行きてゆくのだろうな……。
まだ先だと思いますがどうぞ沢山の【何か】を吸収して来て下さいね。
Commented at 2008-02-27 09:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-27 20:23
fu-wafu さん
こちらこそ、お知り合いになれて嬉しく思っています。
私の方こそ、色々教えていただいているのよ。
雲南、もうすぐなんですけど、色々用事が重なってしまって、まだ何も準備をしていないの・・・
(いつものことですが・・・笑)
今回も小さな旅行バックひとつで出掛けます。
取り合えず、アルコールティッシュとマスクを用意しておきますね。
油断しないで、注意して行ってきます♪
fu-wafu さんが中国にいらっしゃるから心強いわ~。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-27 20:29
kohakuさん
kohakuさんも色々な所に行かれてるのでしょうね~。
気に入った所だと何度も訪れて、暮らすように過ごすのが好きなんですよね~。
同じかしら?
優雅なアフタヌーンティーを楽しみながら、中国のお話をされていたなんて素敵な偶然ですね。
急激に変化している中国は、それが良いのか悪いのか分からないけれど、「何か」が壊されてしまう前に、「見ておきたい!」って思うのです。
帰国しましたら、またブログで報告しますね。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-27 20:30
鍵コメさま

ありがとうございます。
ちょっとドキドキしてしまいます。
こちらからご連絡致します。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-27 20:40
ねねさん

テーマがあって旅をするのって、とても楽しいし、視点が定まっているので、奥深く知ることが出来るように思います。
紅茶に限らないと思うのですが、世の中どんどん変化するスピードが速くなっているように感じます。
茶のあらゆる現場でも、1年前と2年前、5年前では変わっていますし・・・
私が知っている小さな範囲の中でも、色々見てきて良い方向に変わっている事はとても嬉しくて、でもそうでない場合は、悲しいです。
まずは正しく知って、伝えて、その声が現場に届き、良い方向へ変化していったら嬉しいなぁ・・・って思っています。

ねねさんの旅のスタイルはどんな風の変化していったのかしら?
きっと今はカメラに夢中ね♪
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-27 20:41
鍵コメさま

ありがとうございます。
こちらから、ご連絡致します。
Commented by mui at 2008-02-29 19:00 x
中国の今の時期を選ばれたこと 本当に良かったと思います どうぞ又いろいろ教えてくださいね 一度教室の言ってみたいなぁと思いながら・・・
Commented by tea-tea-chai at 2008-03-01 21:22
muiさん
ありがとうございます♪
今年の初めまでインドと中国と迷っていたのですが、私が見たかった、知りたかった雲南はすでに大分変わっているみたいです。
きっと数ヵ月後には大きく変化していくのだろうと想像が付きます。
ギリギリのタイミングかも知れませんが、いっぱい見て、何かを感じてきたいと思っています。
教室は、いつでもご都合の良いときに遊びにいらして下さいね。
いつでも大歓迎ですよ~☆
by tea-tea-chai | 2008-02-24 23:56 | わくわく | Trackback | Comments(18)