紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ちょこっと禅の世界を・・・




先日の紅茶教室でのティータイムは
精進料理をちょっと意識して和のテイストで・・・

f0072846_0474846.jpg


紅茶は、ちょっと珍しい国産紅茶を用意しました。
淹れ方も、通常の紅茶と少し違うの。


f0072846_048522.jpg











「いただきます」
「ご馳走さまでした」

これも、禅からきている言葉です。

禅の世界では、「全てのものに命が宿る」と考えられています。
だから、「命をいただく」事への感謝の気持ちなのです。

私達は「食事そのもの」に
感謝の気持ちを込めて「いただきます」と言うけれど・・・
他の国(宗教?)では
今日の食事を与えてくれた「神」に感謝の祈りを捧げます。



米・・・お米
魚・・・お魚
肉・・・お肉

尊敬の意や、敬う気持ちを表す「お」の表現。
この「お」にあたる言葉は、ほかの国の言葉ではないそうです。

もともと、八百万の神の国、日本では、全てのものに命があり、神が宿ると考えられていました。
かまどの神様、田んぼの神様、山の神様、水の神様・・・
そう、「千と千尋の神隠し」の世界ですね。

禅僧によって伝えられた禅も、日本人のもともとの信仰心と上手く融合して
独自のものとなっていったようです。

全てのものに命が宿り・・・全てのものに神が宿る




また、禅では、生活全てが修行の場と考えられています。
経典などを頼りに学ぶのではなく、自らの体験から学ぶことに重きを置いています。
食事を作ることも、食べる事も、掃除も全て・・・

そのような背景の中で、脈々と受け継がれていく禅の精神は
その過程で時代とともに日本文化の基盤を作っていきます。

武士道が生まれ、やがて、茶道、華道、書道、礼法、能、狂言・・・

そんな日本の伝統文化が他の国にない特色は
「道」という言葉が物語っていると思うのです。

自然に感謝し、心や精神を育てることに重きを置いている禅の精神は、
日本人として大切にしたい文化だと思うのです。





ご紹介した禅語のひとつ・・・


日々是好日

どんな日でも、毎日は新鮮でとても良い日・・・という意味です。



あなたとって「日々是好日」の「好日」はどんな日ですか?
という質問に


10~20代の人は
最高にハッピーな日、すごくラッキーな日、と答え

お年寄りの人は
何事も起こらない、平凡で穏やか日、と答えたそうです。

同じ言葉でも感じ方は人それぞれ・・・
どちらが正しいとか、間違ってるとかではありません。
経験や環境などによって感じ方も違います。

私は・・・
「最高にハッピーな日」という答えに
キラキラとした若さを感じます。

「平穏で穏やかな日」という答えに
成熟した豊かな心を感じます。

この講座で伝えたかったことは、知識として頭に蓄えることだけではなく
経験や体験を通して、心を育てること、五感を磨くこと

答えのないもの、感じるもの、日々変化する心と感情・・・
そんな目に見えないもの、形のないものを一緒に育てていけたらいいなぁ・・・って思うのです。
頭に残るものではなく、心に残るものを・・・


教室では、もっと色々な資料をご紹介したり、お話をしたのですが
ブログでは全てをお伝えすることが難しいの。
上手くお伝え出来たでしょうか?

宗教とか信仰心とかではなく、先人の知恵として、ほんの少し禅の世界を意識してみることで、日々の暮らしが丁寧に、豊かに暮らせるような気がします。



色々考えて
う~ん・・・となってしまった方へ・・・


一円相

f0072846_0585395.jpg


これ食うて 茶のめ





先日この講座に参加された方から、リクエストを頂きました。
すでに4名の方がご希望されているので、都内のCaféでもう一度行うかもしれません。
3月は、すでに「水と紅茶」に決まっているのでそれ以降になると思いますが
ご希望の方がいらっしゃいましたら、日程など決まり次第ご連絡しますのでお知らせ下さい。


[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/7412268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bonarome at 2008-02-05 09:47 x
ゆっくりの朝食だった本日は昨日みつけたシルバーチップを頂いてます。大事に飲みたいあまり茶葉が少なかったよう。でも今まで味わった事のない香り、味でした。日本、中国、インドのお茶が私の暮らしを幸せにしてくれています。私は父の影響か禅的精神に懐かしさを感じます。足るを知るが口癖の父ですから。日本にいた頃、品のよい素敵なおばあちゃん先生に一対一で茶道を教えて頂いたので、お軸やその背景、精神について学ぶ機会に恵まれました。図書館でいっぱい本を借りたりして。豊かな暮らしの現在でも簡素で本物を見極める心を養いたいと思います。
でも難しく考えすぎないでお茶を差し上げたい、頂きたいと思います。

Commented by aamui at 2008-02-05 17:30
書の先生から 円を描くのが一番難しいとお聞きした時には 何のことやら解りませんでしたが 今円を描けなくなって あの満ちた円は本当に難しいと思います
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-06 09:14
bonarome さん
シルバーチップスは
少し温度を下げたお湯でゆっくり時間をかけて蒸らすと美味しいですよ。とろりとした舌触りと喉の奥からふわっと立ち上がる香りが心地良いですよね。
知足・・・私も大好きな禅語です。
素敵なお父様ですね。
昔、茶道や華道で習った時は、よく分からなかった事が、大人になって少しづつ心に沁みてくるようになりました。
きっと10年後、20年後は、もっともっと深く感じるのだろうなぁ・・・
そうそう、深く考えずに、お茶を淹れて、お茶の時間を楽しめば良いのですよね。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-06 09:21
aamui さん
書と禅語は、題材として身近のものですものね。
私も、昔は分からなかったことが、今になって少しずつ感じるようになりました。それはやはり頭でわかることではなくて、心に感じる・・・という感じなのです。
一円相・・・私も丸く描けません・・・
Commented by kohaku at 2008-02-06 19:43 x
うーーん すごい奥が深いですね。でもchaiさんの説明はすごくわかりやすくてうんうんとうなずいて読まさせて頂きました。日本人にとって今とても大事な事がたくさん網羅されているとても貴重な講座だった様に感じます。この様なお話をすることができるtea-tea-chaiさんってどんな方なんだろう?ってますます興味がわいてしまいました。日々是好日 毎日毎日が普段と同じであっても必ず何か一つキラキラと輝く事がおこっているはず・・・ それを感じれる自分でいたいと思っています。
Commented by tea-tea-chai at 2008-02-07 22:23
kohakuさん
私が禅について語るのもおこがましいのですが、とても謙虚な気持ちになるのです。
とても深くて全てをブログではお伝えできないのですが、ここ数年ブーム(?)になっている、癒し、エコ、ロハス、マクロビオティック、食育、品格、しきたり、マナー・・・全て禅の中に含まれいると思いました。
日々是好日、そうですね、同じ日はないのですから、毎日が新鮮ですし、私も、ドキドキやワクワクの種を見つけられるアンテナと、感じられる心でいたいと思います。
by tea-tea-chai | 2008-02-05 01:03 | 紅茶 | Trackback | Comments(6)