紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

紅茶と禅





f0072846_1733298.jpg


昨日は自宅サロンでの紅茶教室でした。
テーマは「紅茶・・・禅スタイル」

部屋を整えてから、髪をアップにして着物を着て準備OK♪
今回は山梨からのご参加の方も・・・駅まで車で迎えに行きました。
(着物姿でパジェロを運転している人がいたら、それ私です・・・笑)
皆さん、遠くからお越しくださってホントにありがとうございます。

お花はベランダの薔薇に合わせて水仙を・・・
f0072846_17412996.jpg

一昨日友人から頂いた、柚子と色を揃えたの。
f0072846_17493610.jpg


水仙と薔薇で・・・仙客長春

永遠の若さを表しています。


でもね・・ちょっと香りが強かったので、ミリオンバンブーと薔薇の方が良かったかも・・・

竹と薔薇で・・・平安長春

平安で穏やかな日が永遠に続きますように・・・という意味です。


どちらも今の季節にピッタリでしょ♪

ウエルカムティーも柚子の紅茶・・・

f0072846_17492030.jpg


こんな感じで始まりました・・・・

紅茶文化に、強く影響を与えた日本の茶の文化・・・
何故、茶の発祥の地、中国ではなかったのでしょうか?

禅僧によって中国から茶が持ち込まれ広がっていきます。
茶道、華道、書道、能、狂言に至るまで、禅の精神が深く刻まれているのです。
そして、何気ない日常の、私達の暮らしの中にも禅の精神が刻まれ
脈々と受け継がれているのです。
そのひとつひとつを紐解いていきました。

(ちなみに、宗教の勧誘とか、信仰云々とかの話ではないので誤解しないで下さいね...笑)


今回は闘茶、茶歌舞伎と言われる、産地、銘柄を隠して茶を味わい、同じ茶を当てる・・・というお遊びもしました。
色々な方法があるのですが、今回はラフに崩して「○試×碗」というスタイルにしました。
まずは、「花」「鳥」「風」の順に1種ずつ紅茶を飲んで風味を覚えます。
最後の「月」は、どのお茶かを当てるという方法です。

色、味、香り・・・
自分の五感を研ぎ澄ませて、紅茶を味わいます。


何故今回、禅と闘茶の講座にしたのかというと・・・





ヒント1


ご紹介した禅画のひとつ

座禅蛙

f0072846_1826657.jpg


「座禅して 人が仏になるならば・・・」







今回の教室の内容は、とてもとても奥深いので
少しずつご紹介しますね・・・



[PR]
by tea-tea-chai | 2008-02-01 18:29 | 紅茶