紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スリランカのスナック

昨日は、スリランカ料理のスナック、ワディを教わってきました。
f0072846_1935699.jpg


ティールームをしている友人宅で、楽しい方々が集まりました。
アジア各国に駐在していて、昨年末帰国したばかりの方・・・
数週間前に帰国したばかりの海外青年協力隊の方・・・
スリランカで茶商をしている友人・・・
紅茶のお店をされている方や、中国茶に詳しい方・・・
個性的で国際色豊かな方々と美味しく楽しい時間を過ごしてきました。


これは何でしょう?
f0072846_19292953.jpg

f0072846_19302781.jpg


コンデ・ケウンというお菓子の型です。
作り方も面白くて、油の中に型を沈めて、生地を流し込み楊枝でクルクル生地をかき混ぜながら揚げます。
f0072846_19323689.jpg


出来上がりはこんな感じ・・・
f0072846_1933289.jpg

椰子砂糖の香ばしい甘味と外はカリッとして中はモチモチした食感が楽しいの。

日本では手に入りにくいこんな食材も・・・
f0072846_19384899.jpg



スリランカ料理にかかせないハーブ、カラビンチャ(カレーリーフ)や玉ねぎも、分けて頂きました。
f0072846_19402940.jpg


今月は夏休みを利用して海外在住の友人・知人が帰国します。
久しぶりに会って色々なお話を聞くのが楽しみなの☆
[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/6094983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by AoimikanM at 2007-08-11 08:37
おはようございます^^
知らないものばかりで楽しいですねー。
このお菓子、コンデ・ケウンって言うのですね。名前を知りませんでした。
食べた事はあるのですが、、、ちょっとハイカロリーなイメージ。
器も本格的でこういうティールームなら是非行ってみたいな。
夏休み、色々と楽しそうですね。
tea-tea-chaiさんもお友達がご帰国されるのね!
私も来週あたりから日本的な場所へ連れて行く計画を立ててますよ。
お互い想い出に残る時間を過ごしましょうね。

*ねね
Commented by karibu-chai at 2007-08-11 18:08
こんにちは・・・
毎日本当に暑いですね。
お元気に、色々お勉強兼ねた楽しいイベントに参加されていますね。
この2つのスナックは初めてです。
コンゲ・ケウンというお菓子を作る道具も珍しいですね・・・
ドーナツのような感じですが・・椰子砂糖を使っているのですね。
スリランカには一度しか行っていませんが、その時は毎回カレーで、お腹が・・・
それでもペドロ茶園などの茶園見学や、像の背中に乗せてもらった思い出など・・・楽しかったです。
(tea-tea-chaiさんの前の記事にもあったように、茶園で働く人々の状況など、考えさせられることも多かったです。)

色々な方が集まる会は楽しかったでしょうね・・・
暑い毎日ですので、どうぞお体に気をつけてお過ごしください。
Commented by tea-tea-chai at 2007-08-11 23:45
ねねさん
コンデ・ケルンはシンハラのお菓子なんですって。
ローカルフードなので、これを召し上がったことがあるんて、さすがねねさん!
豆の粉に玉ねぎやスパイスを混ぜて揚げたワディは、タミルのお菓子で思ったより脂っこくなくて美味しかったですよ。

ねねさんのお友達も帰国されるのですね。
久しぶりの再会も楽しみですし、文化も習慣も違う異国での話は、旅行者の視線とは全く違うので、いつも楽しくワクワクするんです(^^)
ねねさんも素敵な時間をお過ごし下さいね♪
Commented by tea-tea-chai at 2007-08-12 00:11
karibu-chaiさん
スリランカ在住で紅茶のお仕事をしている友人が帰国する時は、いつも珍しいスリランカのお料理を教えてもらうんです。
ティーサロンをしている友人も、とても勉強家で紅茶やお菓子に詳しいので、いつも紅茶話でもりあがるの。
コンデ・ケウンの型は、かなりマニアックなもので(笑)友人が住んでいるキャンディでは売っていなかったそうです。
昔は、そのまま油に入れて楊枝でクルクルしながらこんな形にしていたそうです。
椰子の蜜で甘みをつけるのですが、今回は黒糖で代用しました。
素朴なお味でしたよ。
ワディも、ケウンも、ローカルフードなので、通常の旅行者は口にしないと思いますよ~。
現地ではココナッツオイルを使うので、ちょっとクセがあるそうです。
ペドロの茶園は、かなり綺麗ですよね。
他の一般的な茶園や工場は、もう少し・・・・ね。
お腹が・・・でした?
私は結構平気でした。
ひとりでウバの町を散歩していて、噛み煙草の屋台があたので、身振り手振りで買ってみたけれど、写真を撮るだけで、さすがに口には出来ませんでした~(笑)
Commented by p-kanon at 2007-08-12 09:41
うぅおっ。
この型、画期的!
ちゃんと足が付いてるところも、置き易いようになってるんでしょうか。これなら、油に入れるときにポチャン!!って跳ねて、ゲゲゲーってなることもないし。すごいです。

Commented by tea-tea-chai at 2007-08-16 00:31
kanonさん
ね~!画期的でしょう(笑)
昔は、型もなくて生地を入れてクルクルまわして作っていたんですって。
上手に作れる若い人も少なくなったとか・・・。
だからこの型が作られたのかなぁ・・・。
ひとつひとつ手作りなので、不揃いなんなの。
その大らかさが、スリランカらしいのよね~(^^)
by tea-tea-chai | 2007-08-10 19:50 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)