紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

実は・・・

昨日のセミナーは3時からだったので、その前に友人のカフェと美術館に行ってきました。

f0072846_2216351.jpg


古伊万里の初期の染付けから、古九谷様式、柿右衛門様式、金襴手まで、時代ごとに移り変わっていく様子がうかがえます。

あまり詳しくはないので、綺麗だな・・とか、これ好き・・・とか、その程度の感覚なのですが、楽しんできました。

実は、この美術館は渋谷の松涛にあります・・・
そうです、爆発事故のあった場所のすぐソバなんです。
カフェと美術館をどちらを先に行くか考えていて、美術館を先に行ったの。
もし逆だったら・・・・・・


帰宅してから、ニュースで知り怖くなってしまいました。
[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/5672374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by karibu-chai at 2007-06-21 00:16
きゃ~怖いですね・・・ニュースで見ると尋常でない爆発の模様が・・・
危機一髪だったのですね・・・
ところで、昨日のセミナーはお一人ずつ「お抹茶」を立てるレッスンがあったのですね。小さな魔法瓶がちゃんと人数分置いてあるので、ご丁寧なんだな~と感心しました。和室でなく、このようなテーブルでするのもユニークですね・・・御菓子も美味しそう!
tea-tea-chaiさんの胸をキュンとさせた御菓子も「こいのぼり」をイメージしたもので、可愛い!
Commented by AoimikanM at 2007-06-21 12:08
tea-tea-chaiさん、良かったです。美的センスを優先して。
ただの食いしん坊だったら正直書けませんものね。こんな事。
やっぱり魔女だから、何か魔法を使って……かしら?
理屈抜きの第6感かもしれませんね。ホント、良かったです。

*ねね
Commented by tea-tea-chai at 2007-06-21 21:39
karibu-chaiさん
ホントにちょっとしたタイミングや時間差で大きく左右するんですね。
何があるかわからないから、日々を丁寧に暮らすことは大切だなぁ・・・と思いました。

セミナーは、アンティークショップ内Cafeだったので、テーブルだったんです。
お道具も略式だと思います。
お抹茶はず~っと習いたいと思っていたのですが、縁がなかったので、とても新鮮でした。
煎茶道と似ているところもあるのですが、お道具が全く違うので、扱い方が難しかったです。
もてなしの心は、お煎茶も、お抹茶も、紅茶も、みんな同じだなぁ・・・と思いました。

お菓子もとても手が込んでいて、手作りだからこそ、こんな風に作れるんですよね。
お店では買えない手作りのお菓子って、あたたかくて好きなんですよね~。
Commented by tea-tea-chai at 2007-06-21 21:46
ねねさん

通常ならお昼にランチをしてから、銀座に行く前に美術館でゆっくりして、セミナーでお茶とお菓子・・・っていう順番がしっくりくると思うのですが、何故だかお昼ちょっと前に美術館に行ったんですよね・・・。

動物的感が、あるのかしら???

ここの美術館は、とても小さい美術館なのですが、日本と中国の焼き物が豊富にあるみたいです。
次回は「中国・朝鮮陶磁」なので、また出掛けようと思ってるの。
by tea-tea-chai | 2007-06-20 22:31 | Trackback | Comments(4)