紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

翼の王国

f0072846_2224868.jpg

ANAの機内誌、「翼の王国」。
ず~っと昔・・・初めての海外旅行で、ドキドキしながら乗った飛行機。
そして座席の前に、この機内誌を見つけた。

その中に、「自分の歴史を辿る旅」があった。
筆者が、子供の頃の冒険の記憶を辿り旅をするというエッセイだった。

「いつか、私も自分の歴史を辿ってみよう」

そして数年後・・・その時が来た。
人並みに恋をして結婚することになり、住み慣れた土地を離れることになったのだ。





生まれ育った土地・・・
そこは、当時住んでいた場所から少し離れていた。
今でも鮮明に覚えているのは幼稚園のころ・・・。
通っていた幼稚園は、住宅街から離れた森の中にあって、お迎えのバスに乗って通っていた。
カトリックの幼稚園で修道院も併設されていた。
シスターは外国の人もいて、英語の時間もあった。
大人になって分かったことだが、モンテストリーという教育方針の幼稚園で、きっと両親が色々考えて通わせていたのだろうと想像がつく。
卒園してからは、家に車がなかったこともあり一度も行っていない。
小学校6年の時に、手狭になった家から、少し広い家に引っ越した。
それ以来、その街へは行っていない・・・。

地図を片手に、昔の記憶を辿って車を走らせた。

子供の頃住んでいた家・・・そして幼稚園へ・・・。
正門の前に来た時に胸がいっぱいになった。
あんなに高かった塀は、私の胸位の高さだった。

地面に絵を書く為の枝が欲しくて、フェンスに登り木に手を伸ばしていたら、シスターに見つかって「動物園のお猿のお山に入れますよ!」と怒られ
「本当にお猿のお山に連れて行かれたらどうしよう・・・」と不安で一杯になったこと・・・。

大人しくて、人見知りで、いつも1人でいた女の子を、「私が守ってあげなきゃ!」と思っていたこと・・・

お泊り会で、夜、窓の外にフワフワとした小さな光(多分ホタルです)がいっぱいあったこと・・・

幼稚園に通っていた頃の記憶が、次から次へと溢れてくる・・・。

大人になった私が、子供の頃の私と再会したようだ・・・。


今度は、いつ「自分の歴史を辿る旅」に出掛けようか・・・。
10年後・・・?20年後・・・?

その時の私は、今の私と再会してどう感じるのだろう?
そんなことを考えながら、ベランダの外を眺める・・・。
f0072846_2252535.jpg

新緑というには、まだ少し早い・・・目覚めたばかりの小さな緑・・・。
はかなげで、柔らかくて、葉というには、幼すぎる若葉・・・。
今年も私の大好きな季節がやって来た。
[PR]
by tea-tea-chai | 2007-04-16 23:03 | 思うこと