紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ホテルの窓から見えるアモイは・・・

高層ビルと工事の音・・・
f0072846_23263843.jpg

美味しい物も色々ある・・
f0072846_23272159.jpg

f0072846_23273218.jpg




武夷山のもっと奥の・・・
f0072846_2329029.jpg

岩山に張り付くような茶の木、「大紅袍」
f0072846_23304967.jpg

その手前にある質素な茶屋・・・
f0072846_2331479.jpg

そこで頂く一杯の茶・・・
f0072846_23321459.jpg





安渓の街の食堂・・・
f0072846_2334568.jpg

f0072846_23594228.jpg

グラスに注がれた、茶葉の沈むお茶・・・
f0072846_23355176.jpg


快く迎えてくれた茶農家の居間で・・・
f0072846_23393647.jpg

自慢の茶を淹れ、もてなしてくれた、あたたかさ・・・
f0072846_23405871.jpg


f0072846_23423584.jpg


それを、不衛生というのだろうか・・・
汚いと思うのだろうか・・・

私は、何より温かく、美味しいと感じたのだ・・。
[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/5129499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by AoimikanM at 2007-04-13 19:00
tea-tea-chaiさん、こんばんわ。
いいなあ、、、。私が行った事のある茶農家は似ているようで、、もう少し
「経営的」だった気がします。
不衛生?  日本が可笑しいのですよ(笑)
この居間でゆっくりお食事とお茶を戴きたいです。

「大紅袍」の樹、本以外で初めて見ました。感動ですね。

*ねね
Commented at 2007-04-13 19:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-15 00:53
ねねさん
大紅袍の手前の茶屋では、川の水や、岩の隙間かしみ出た水をためてお茶を淹れていました。
街(村?)では、食用なのかアヒルや鶏が放し飼いになってたり、何かの肉を軒下に吊るして保存用の干肉にしていたり・・・
蛇口から出る水や、スーパーで売られている肉が当たり前の暮らしのなかでは、忘れられている何かを感じずにはいられませんでした。
生きること、食べrことって、ほんとはとてもシンプルなんですよね。
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-15 00:54
鍵コメさん

はい!間違えておりました(^^)
いつも、何かぬけてるんですよね~(笑)
Commented at 2007-04-16 14:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-16 23:10
鍵コメさん

ありがとう☆
私も頑張ります!
こちらこそ宜しくね~(^^)
by tea-tea-chai | 2007-04-13 00:00 | 紅茶 | Trackback | Comments(6)