紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ただいま!

f0072846_0314351.jpg

中国から帰国しました。
↑の写真は、安渓の茶畑です。

山を切り開き、茶の木を植え、こんなに広大な茶畑ができたのです。
工場も、立派です。
スリランカや、インドのダージリン、アッサムの工場と同じように、製茶用の機械が使われています。

そして、今回どうしても行きたかったのは・・・

f0072846_0441475.jpg


このゲートの先です。

中国は社会主義の国なので、公開地域と非公開地域に分かれています。
自由に国内を見ること、行くことが出来ないのです。
このゲートの先は、非公開地域です。
世界遺産に登録されている武夷山にあります。
動植物の宝庫なので国の自然保護区になっています。
この先へ行くには、公安で許可証をもらわなくてはいけません。

(過去、許可を取らず入った日本人もいるそうですが・・・トラブルになったとか・・・)
このゲートの先には・・・紅茶発祥の地があるのです。

f0072846_0581541.jpg


保護区になっているので、中国人でさえ自由に出入りできず、また保護区内の樹木の伐採や、新たな建物などの建築も、厳しく規制されています。

ココで作られた紅茶が海を渡り、人々を魅了していったのです。

工場は、昔のまま・・・今も紅茶を作り続けているのです。

多くの茶園や工場が近代的な設備になり、機械が導入され・・・
そして、日本をはじめ、「茶」を商品として扱う先進国の影響を強くうけて変わっていく・・・。

一番上の安渓の工場で使われている製茶機は、日本製の物もありました。
ここで緑茶(日本茶)をつくり、日本へ輸出されるのです。
そしてペットボトルの緑茶になります・・・

人も物も変わっていくものだけど、ここは5年後も10年後も昔と変わらず、同じように紅茶を作り続けてほしいと思う。

日本をはじめ、「茶」を愛する国が、先進国のおごりで、どうかこの伝統を、文化を、暮らしを・・・壊さないで守って欲しいと、強く思いました・・・。

f0072846_1201689.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/5105131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Tashura at 2007-04-10 08:06
お帰りなさい(^o^)無事にもどられてなによりです!
写真を見て、やはり中国は雄大ですねぇ〜また、見られないところがあるのも初めて知りましたf^_^;お茶発祥の地を大事に守っていって欲しいものです(^_^;)
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-11 10:42
Tashuraさん
ただいま!
中国の地方都市は、高層ビルが乱立していて、大都会です。
いつもどこかで工事の音が聞こえてくるし・・・。
少し郊外に車を走らせると全く違う景色になって、大きな格差を感じます。
変わらずにいて欲しい気持ちと、でも地域格差が広がることへの不安もあって、色々考えさせられる旅でもありました。
Commented by AoimikanM at 2007-04-11 11:11
こんにちは。お帰りなさいませ。
私の知っている中国のイメージは高層ビルと混雑した道路、喧噪、タバコを吸いながら屋台で麻雀を朝まで続け、そのまま仕事へ行くようなパワフルさ!なのですが、はやり茶畑は本当は見てみたいです。
一度だけご実家が茶農家の方のお家に寄らせて頂きましたが、今回のtea-tea-chaiさんのルポタージのような雰囲気を想い出しました。

本当にそうですね。発祥の地である場所を守り抜いて欲しいと思う一方で、我々を含めヨーロッパなどの先進国の為だけに歴史を変えて欲しくないですね……。

*ねね
Commented by mame-neko3 at 2007-04-11 23:29
お帰り~~~^^
いいねぇ、こういう見たことがない世界を紹介してもらえるっていうの
すごく興味津々で見せてもらってます
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-12 21:31
ねねさん
アモイは、ねねさんのイメージに近い中国でした。
地方都市でさえ、建設ラッシュで高層ビルだらけだったので、上海や北京は、東京以上なのでは?などと思いました。
郊外は、まだのんびりとした暮らしが残っていて、ほっとする反面、少し不安にもなりました。

様々な背景や歴史と現実を知って、一杯のお茶を大切に味わい、伝えていかなくては・・・と思いました。
Commented by tea-tea-chai at 2007-04-12 21:43
mame-nekoさん
ただいま~(^^)
ここの、紅茶発祥の地の紅茶って、以前mame-nekoさんに送った、桐木の紅茶ですよ~。
スモーキーな香りがソフトな方です。
少しクセがある紅茶ですけど、そんな背景を知ると、美味しく感じるのではないでしょうか~?
by tea-tea-chai | 2007-04-10 01:22 | 紅茶 | Trackback | Comments(6)