紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

体にいいこと・・・美味しいこと・・・

漢方のセミナーに参加してきた。
女性を対象にしたセミナーでした。

漢方って自然の中の植物などから作られたもの。
スパイスやハーブ・・・普段食べている食材も、漢方に使われている。
アロマもアーユルベーダも、自然の生薬・・・同じだよなぁ・・・。
NHKの連ドラ、チャングムで薬として処方しているのも、食材として選んでるものも同じだなぁ・・・。

バロック時代の一般的な医療として「体液病理説」がある。
心や体の不調は全て、体液(血液や胆汁・粘液など)のバランスが原因で、それぞれに関係する臓器には特長かあって、温・冷・乾・湿に分けられ、不足しているものを食材から取り入れる・・・という考え方。
面白いことに、ほとんどと食べ物に「熱さ3度・乾き2度」って感じでその特長が等級付けされていた。
お茶も、コーヒーも、砂糖も・・・。

医療としての名称は違うけれど、考え方は昔からあまり変わらない。
毎日の食事って大切だなぁ・・・って改めて思った。
口から入る物、体に触れる物は、やっぱり自然のものが心地良いと思う。

世の中情報が多すぎて、振り回されているような気がする。
私の体に良い物が、他の人にも良いとは限らない。
ひとりひとり、体質も体型も生活リズムも違うから。
本来、体の不調や変化は自分が一番良く知っていること。

耳をふさいで、目をつぶって、じっと自分の体の声を聞いてみる。
今、自分に必要なものを必要な分だけ、正しく選択し、見極める・・・それが大切なんだと思う・・・。
今、私が食べたいものが、今、私の体に必要なもの・・・。
それが正しく出来たらいいなぁ・・・と思う。

それでも体調が悪い時は、私の体質、症状で調合してくれる、漢方薬を飲もうかな・・・。
[PR]
by Tea-Tea-Chai | 2006-10-12 09:38 | 思うこと