紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

芸術の秋?


ラウル・デュフィ展に行ってきました。

f0072846_1171359.jpg

あまり期待しないで(失礼・・・)行ったのですが、すご~く良かったです!
彼の作品は、見ていてとても気持ちがいい・・・。
淡く透明感のある色彩と、ためらいのない伸びやかな筆使い、作品のテーマや彼の視線が穏やかで温かい感じなんです。美しい自然や、楽園を感じるの。
・・・なんて偉そうに言っていますが、美術、芸術に関してはド素人です(笑)。

時々美術館に行って作品を見たときに、ちょっと、重かったりする絵ってありますよね。
暗いっていうか、強い思いみたいなものが感じられたり・・・。
宗教画とかは別としても・・・その違いって何だろう?って思った。
多分、生きている間に作品が評価されたから彼の作品は余裕やゆとりを感じるんじゃないかな・・・思う。
多くの画家は、亡くなった後に作品が評価されているので、生活もラクじゃなかったと思うし、だから一枚の絵の中には、いろんな思いや、迷い、苦悩の歴史が刻まれているんじゃないかなぁ・・・。
・・・なんて思いながら、美しい作品を眺めてきました。
f0072846_1165321.jpg

購入したポストカードです・・・素敵でしょ☆
[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/3352166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mame-neko3 at 2006-09-19 01:02
ありますあります、威圧感のある絵、重い絵。。。私も観てて疲れるような絵は苦手です^^;
私も絵を描いてるんですが、飾りたいなぁって思ってもらえるような
温かい、癒しのある絵が描けたらなぁと思いながら描いてます
Commented by Tea-Tea-Chai at 2006-09-20 00:12
mame-nekoさん、絵描けるなんてすごい!!
私は絵心がなくて、見るばかりです。
以前、色鉛筆で絵を書くのが流行った時に、私も、スケッチブックや色鉛筆を買ってはみたものの・・・何を描いても・・・全然ダメ・・・。
それ以来、絵は見るもの!って思っていま~す(笑)
by Tea-Tea-Chai | 2006-09-16 00:58 | 楽しい | Trackback | Comments(2)