紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こぼれ種

今日も生徒さんからお手紙が届いた。
昨年、1回だけの参加だったのに、そのセミナーが彼女に小さな幸せな変化をおこすきっかけになったようなのです。
時々こんなお手紙やメールが届きます。
それは私にとって宝物で、逆に私のほうが幸せな気持ちになるのです。
私にとって紅茶教室の講座は、大切に育てた花のような物。
自分がしたいことや研究してることなど色々なテーマを決めて数ヶ月から長いものは2年もかけて作るのです。
(ノンビリさんなので、すべてに時間がかかるの・・・)
現地に行ったり、歴史や背景、エピソードを調べたり、食材や茶葉を吟味してセレクトしたり、何度も試作してアレンジティーのレシピを作ったりするのです。
ゆっくり時間をかけて、大切に育て花開いた講座を、皆に楽しんでもらえたらそれで充分幸せな気持ちになるのです。
ところが・・・
忘れた頃に、嬉しいお知らせが、届くのです。
それはまるで「こぼれ種」のようで、思いがけない小さな幸せ。

こんな風にいつまでも人と接して、小さな幸せの種を届けていきたいなぁ・・・っておもうのです。
ねっ!ゾロ君。
f0072846_1503827.jpg

[PR]
by Tea-Tea-Chai | 2006-05-24 01:52 | 思うこと