紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

穏やかに・・・



ゾロ君の初七日が過ぎました・・・

ふっと訪れる悲しみの波は
だんだん間があき、小さくなっていきました。
今は、とても穏やかな気持ちで日々を過ごしています。

出会ったばかりの小さなゾロ君。
ぽわぽわで、離乳食が始まったばかりの頃です。
f0072846_1354773.jpg


全てが可愛くて、愛おしくて・・・
ゾロ君との暮らしは、毎日とっても楽しかったな・・・
f0072846_13565662.jpg


今頃、お空で元気に遊んでいるかな?
ポッポとも会えたかな?

ふわふわの雲をお布団にしてお昼寝してるかな?
f0072846_14755.jpg

f0072846_1432385.jpg


不思議なのは、ポッポが旅立った後の気持ちと
ゾロ君が旅立った後の私の気持ちが違うということ・・・

ポッポは突然のお別れだったので、全く心の準備が出来ていませんでした。
隣の部屋で眠ったまま、いつのまにか旅立っていたので
目覚めないポッポを不思議に思ってそっと触れた時に最後の時を知りました。

毎日毎日泣いてばかりでした。
なんで側にいて気付いてあげられなかったのだろう・・・
もっと遊んであげれば良かった・・・
ひとりで寂しく逝かせてしまった・・・

大きな悲しみと喪失感と一緒に後悔ばかりの毎日でした。

その悲しみを埋めてくれたのは、ゾロ君でした。

f0072846_15262029.jpg

ゾロ君の病気がわかってからは、
日々の変化に一喜一憂して、いっぱい泣いたし
だんだん弱っていく姿を見ているのは、とても辛かったです。
でも最後の時まで、ずっと一緒に過ごすことが出来て
ほんとに良かったと思ってます。


ちゃんと夫と一緒に看取ってあげられたので
安心して旅立つことが出来たのではないかな・・・って思うのです。

ゾロ君が最後に見たのは
すっぴんで髪がボサボサの私の顔でした・・・

ソロ君が最後に聞いたのは
自分の名を呼ぶ私と夫の声でした・・・

ゾロ君が最後に感じたのは
優しくなでる私の手でした・・・

ゾロ君を最後に包んだのは
キラキラした澄んだ朝の光でした・・・



皆さま、ご心配をおかけました。
温かなメッセージをありがとうございました。
私は、大丈夫です。
まだ、時々悲しみの波がくるけれど
お出掛けしたり、お友達と会ったり
いつものような穏やかな日常を過ごしています。

ご飯もちゃんと食べてますよ☆

来週からはお教室も再開します。
皆様にお会いできるのを楽しみにしていますね♪


[PR]
by tea-tea-chai | 2013-11-07 19:05 |