紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

本の愉しみ方・・・


少し前にiphoneに変えてから、世の中の技術の進歩にビックリしていましたemoticon-0104-surprised.gif
それまで、ず~っと携帯電話を使っていたので、初めてのスマートフォンです。
f0072846_19162916.jpg

使い方がわからなくても、siriに聞くと、必要な機能を立ち上げてくれる。
メールに住所が書いてあると、地図を開いてナビもしてくれる。
音楽も動画も楽しめるし、本や雑誌、新聞まで読めるんですね(@@)

今は、iphoneで源氏物語を読んでいます。
とても長いストーリーなので
実際に本を買うとかなりの冊数になってしまうけど
これなら気にせず読めるのが嬉しい♪
青空文庫からダウンロードしているので無料なのも魅力♪

でも・・・
やっぱり紙で読みたい本もいっぱいある。

好きな作家さんのひとり、吉田篤弘さん。
彼の小説は、読み終わるのが勿体なくて
ゆっくりゆっくり味わいながら読んでしまう。
少し不思議なエッセンスと、湯気のような・・・匂いのような・・・
懐かしい、ほわんとした空気が伝わってくる。

彼と奥様とのユニット、クラフト・エヴィング會会の本は
読むだけじゃなく、眺めて愉しむことが出来る本。


どちらの本も、本当のことのように書かれた
架空のものについて書かれたフィクションです。

f0072846_19155229.jpg



時空を超えた、ありそうで実際には存在しないものを
彼らが実際に作り、こうして文章の間に姿を表します。

f0072846_1929262.jpg


駄菓子屋の店先で売られているCloudSugar(雲砂糖)・・・
f0072846_2023537.jpg


特別なパスポート・・・
f0072846_19311588.jpg



雲母酒と数千ページ分の物語封じられているといわれる雲母印本・・・
f0072846_19293066.jpg


永遠に完成しない百科事典・・・

f0072846_19304714.jpg



涙壺に採取された青い涙たち・・・
f0072846_19325621.jpg



彼の小説にも、この世界観やエッセンスが感じられてちょっと嬉しいのです♪


[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/18228736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by tea-tea-chai | 2012-12-04 21:08 | ライフスタイル | Trackback