紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

煎茶道


先日のギャラリーでのレッスンは、煎茶道でした。

f0072846_8563320.jpg


茶の湯がすでに確立ていた江戸時代に、茶の葉に湯を注ぎ喫する煎茶が伝わります。

それまでの茶道とは違う茶の世界、文人趣味についていろいろなお話をしました。


ちょうど重陽の節句の前日でしたので、
真綿を菊の朝露で湿らせ体をふき、無病息災を願ったり
菊酒を飲み、菊の詩を読み、菊を愛でる・・・
そんなお話も・・・♪


お点前を始めると、みなさん興味深々です。
小さな小さな茶碗に、ぎゅっと閉じ込められた茶の一滴は
喉元を過ぎても、いつまでもいつまでも香りが鼻腔をくすぐります。


玉露の甘さもビックリされていました。


さて・・・煎茶道のレッスンというと、美味しく煎茶を入れることや
お点前を習うことだと思われるかもしれませんが・・・

それだけではないのですよ。

今回は、お菓子器の扱い方や、箸や、蓋付の器の扱いなど
また、お軸や、茶花や盛り物、禅語なども・・・

ご挨拶の時などに使う茶扇の意味や所作についても。

茶席で何気なく飾られている、花の組み合わせや、盛り物や、掛け軸などにも
それぞれに意味があります。
通常お茶席では、わざわざ解説することはないのですが
知識があると、その意味を読み取り楽しむことが出来るのです。

それは、生け花や書や画でも同じことですね。

そんな謎解きいろいろもお話しました。


短い時間の中で、お伝え出来ることは、ほんの僅かです。
少しでも、何か心に残ってくれたら嬉しいです。

今日は、満月、中秋の名月ですね。
綺麗なお月様が見れそうですね♪


[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/16542948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by tea-tea-chai | 2011-09-12 09:28 | 特別講座 | Trackback