紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

体が憶えている・・・


夏休み中は、のんびりと9月以降のレッスンの準備をしています。
来月の教室は、以前からリクエストを頂いていた「煎茶道」です。

f0072846_23565387.jpg


実は私、一応、煎茶道の師範なのです・・・。

でも、師として教えるには、私はまだまだ人生経験が乏しく
人として未熟なので、今まではお断りしていたのですが・・・
今回はいつものレッスンの特別講座として
煎茶を楽しんでいただくような内容にしました。

和室ではないので、テーブルでの略式スタイルにする予定です。


先日、久しぶりに煎茶道のお道具を出し、お手前を練習してみました。

f0072846_021737.jpg



静かな室内でシュンシュンとお湯の沸く音が、とても心地良く
頭の中は、無の状態になるのに、手が、体が、自然に動きます。

f0072846_0123730.jpg


「指を揃えて、半月の形でね・・・」
「手を動かすのは帯の幅で、ゆっくり・・・」
「忙しいって言葉は、心が亡くなるって書くから使わないほうがいいのよ」

教わったことが、ふわり・・・ふわり・・・と頭の中で聞こえてきます。

そうそう、スノードロップの伝説も、先生に教わったのですよ。


お稽古では、季節に合わせた茶席、様々な所作や、立ち居振る舞い
禅語や漢詩、器や、茶花のこと・・・

色々なことを教わりました。

子供のころは、お稽古に行って、いろいろな事を教わっても
「???」って感じだったのですが
こうして年を重ね、大人になってくると、じわ~静かに染み出して
ゆっくりゆっくり心に広がっていきます。

茶道、華道、書道、剣道、柔道・・・
日本の伝統文化は「道」を学ぶことなのだと、しみじみ想う・・・
人としての道徳、道理・・・

娯楽や、資格取得、知識や技術を身に付けることが目的の習い事が多い中
人としての生きる道も学ぶ習い事は、日本文化、独特のものだなぁ・・・と想う。

私はまだまだ「道」を教えることは出来ないけれど
紅茶教室では、一緒に「道」を歩いたり、探したりしていけたら良いなぁ・・・



私の好きな言葉

「道に迷って、道を知る」


道に迷いながらも、前を向いて自分らしい道を、歩いていきたいとおもう・・・


[PR]
by tea-tea-chai | 2011-08-08 07:55 | 特別講座