紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

扉の行方・・・



ただいま~♪

お盆休み、皆さんはどのように過されましたか?
私は、神奈川の家に戻り、お寺さんをお迎えしたり、お墓参りをしたり
お盆らしく過しました。

後半は、長野へ行ってきました。

再び、扉温泉の、明神館へ・・・♪
f0072846_23443494.jpg


夕食前に、ラウンジでスパークリングワインを頂きながらゆっくり過します。
f0072846_23502053.jpg


時間によって、カクテルタイムやアフタヌーンティー
朝は、珈琲や、冷たい飲み物、ハーブティーなどのサービスがあるんです。
f0072846_23525882.jpg


談話室の奥には、素敵なスペースがあります。
心地良いヒーリング音楽が流れ
ヒノキかな?さりげなくアロマの香りが漂っています。
正面のガラスの窓(?)からの景色が絵画のようです。
f0072846_2354352.jpg


床とサイドの壁が建物から離れている半屋外のテラスなので
風が心地良く流れ、小川のせせらぎが聞こえてきます。
夜は間接照明で落ち着いた空間になり
壁と地面の間に樹木の影が揺れているのが見えるんですよ。
f0072846_23573934.jpg


今回もゆったりしたお部屋でした。
f0072846_025622.jpg


お部屋の奥に水屋(?)っていうのかな?
お茶の用意をする場所もありました。

f0072846_053831.jpg


お部屋のお風呂も掛け流しの温泉です。
夜は星空を眺めながら・・・
f0072846_072162.jpg


朝は、小鳥のさえずりを聞きながら・・・
f0072846_08243.jpg


f0072846_082455.jpg


お食事の前に、朝のお散歩♪
f0072846_0114523.jpg
f0072846_0121386.jpg


ここ、扉温泉は、日本神話の岩戸伝説で
岩戸を開いた天手力雄命が
扉を戸隠神社に運ぶ途中に休んだ所だと言われているそうです。

実は、前回このことを知ってから
「じゃぁ次は扉を運んだ場所にも行ってみたいなぁ・・・」と思っていたので、
今回は、戸隠神社にも行ってきました。

戸隠=戸隠蕎麦・・・という知識しかなくて
きっと山奥の小さな神社なのだろうなぁ・・と思っていたたのですが
とても広い所なのですね~005.gif

でね、あまりの人の多さにもビックリしてしまいました。
なんでも、テレビでパワースポットだと紹介されたそうなのです。

気持ちの良い所なんですけど、私はなんかザワザワしていて
いろんな物が散ってるように感じて落ち着きませんでした。
今度は、もっと人が少ない時に、ゆっくり歩いてみたいです。

参道の両端に、サラサラと水が流れているのですが
その音が心地良かったので
道の端っこで水の流れる音に耳を傾けながら歩いていました。

さて、今回、扉を運ぶ途中で休んだところと
扉を運んだ場所に行ってきたのですが・・・
次に気になったのが
「天照大神が閉じ篭った岩戸は何処にあるのかな?」
ということ・・・039.gif

家に戻ってからネットで調べてみると、高千穂の天岩戸神社らしい・・・
いつか、ココにも行ってみたいなぁ~。

物語を辿って旅をするのは楽しい♪
以前、伊集院静の小説の中の季節の花を辿り
鎌倉を散歩していた友人がいました。

日本神話も、ほとんど知らなかったのだけど
扉温泉に行ったのをきっかけに
少し興味が出てきました。

神話を辿ったり、物語を辿ったり
何かのテーマに沿って旅をするのって楽しいですね。




[PR]
by tea-tea-chai | 2010-08-20 01:00 | おでかけ