紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

京都・・・お茶の旅


今回の京都の旅で、私が行きたかったお寺は、2ヶ所。
その一つがこちら・・・


f0072846_212156.jpg


京都のずっと山奥の、小さなお寺 高山寺。

このシルエットの子は・・・

善財童子
f0072846_2161580.jpg


恵まれた家に生まれ、頭もよく、毎日遊んでばかりいた善財童子。
ある日、自分の愚かさに気付き、心を入れ替え勉強の旅に出ます。
旅先で出会った人から、多くの事を学びます。
出会ったのは、名も無い人々でした。
善財童子は気がつきます。
「どんなにつまらなさそうに見える人でも、何か一つは立派なものを持っているものだ」
善財童子は、ますます真剣に「多くの人から出来るだけ教えを受け、自分の心を磨き、人に笑われないようになりたい」と、旅を続けました。


ここは、明恵上人が住んでいた鎌倉時代の住居、石水院。
簡素な小さな建物なのですが、
とても優雅で、美しく・・・心地良い所なのですよ。
f0072846_2173179.jpg

f0072846_2175260.jpg


f0072846_2192173.jpg


ここには、日本最古の茶園があります。

f0072846_21174553.jpg


f0072846_211866.jpg


f0072846_21193482.jpg


栄西が中国から持ち帰った茶の種。
それを譲り受けた明恵上人が、ここに植えたのです。
そして、ここから宇治へ・・・

そんな歴史と、目の前にある茶畑を眺め、深呼吸をする・・・

ココは・・・
私が京都で一番好きな場所かもしれない・・・


月をこよなく愛し
動物や昆虫、木々などだけでなく
石や岩や島にも、自然のなかのすべてのものに
仏性を見ていたと伝えられる、明恵上人


・・・ あるべきようわ ・・・

明恵上人の声が聞こえたような気がした・・・




もう一箇所・・・
どうしても行きたかったお寺は・・・


f0072846_21314177.jpg

黄檗山 萬福寺

福建省出身の隠元禅師の開いたお寺です。

煎茶道の開祖でもある隠元禅師・・・
煎茶道の師範でもある私にとって
ここのお寺は特別な所なのです。


f0072846_2134272.jpg


回廊が印象的で、中国風の建物なのです。
f0072846_21354822.jpg


f0072846_21352540.jpg


f0072846_21385888.jpg


蛇腹天井もここのお寺だけ・・・
f0072846_21393462.jpg


うふふ~可愛い~♪
f0072846_2140438.jpg


f0072846_2141163.jpg


これは開板(魚梛)といって、木魚の原型となったものです。
お腹を叩いて、時を知らせます。


お昼は、萬福寺の向かいにある白雲庵
普茶料理を・・・


f0072846_2155859.jpg


f0072846_21552597.jpg


f0072846_23483817.jpg


f0072846_23491086.jpg


f0072846_2350102.jpg


f0072846_23503539.jpg


f0072846_23505358.jpg


f0072846_2351839.jpg


普茶料理は、中国風の精進料理です。
普茶・・・多くの衆に、お茶をお出しする、という意味があります。

上座がなく、大皿の料理を皆で食べるのです。


食べることも修行の一つとされる精進料理。

平等に食事を楽しむ中国風の精進料理が
普茶料理なのです。



同じ茶の木から作られる
日本茶、中国茶、そして、紅茶・・・
今回の京都の旅は、お茶の歴史を辿る旅でした。


[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/12387123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by belgium44 at 2009-11-27 17:37
ちゃいさん、こんばんは~♪
旦那様のセレクトと、ちゃいさんのセレクト・・・両方の行きたい場所へ・・・
ちゃいさんの選んだ場所は、とてもちゃいさんらしい視点だなぁ~って
思いますよ~。
何か私も運命みたいなものを・・・高山寺に茶畑があることは
ちゃいさんに聞くまで知らなかったの。
それが聞いた翌日に、自分も行くことになるなんて想像できなかった。
私も、同じものを撮ったのですよ~。
ちゃいさんの想いを読んだら、萬福寺を選んだのも納得。
高雄~宇治へ・・・・
宇治はちょっと遠いけど、いい旅をされましたね~。
萬福寺の瓦と紅葉の写真が素敵!
普茶料理ってはじめて聞いたの。
中国風の精進料理のことを言うのね。
以前は中国でも、そして京都でも・・・お茶のいい旅ができましたね。
Commented by mi-mian at 2009-11-27 18:42
こんばんは〜*
一枚目、人のコかと思いました!
木彫りの善財童子だったのですね〜〜*
そして、てっきりさおりさんと一緒だったの?って
思ったら、違ったのですね!
ふたりで違う日に同じ場所へ行っていたなんて。
なんだか不思議ですね^^
萬福寺って知りませんでした!
煎茶道の師範でもあったんですね、ちゃいさん!
すごいなあ。
蛇腹天井と開板、かわいいですねー*
開板は、見た瞬間なぜ木魚が中に?って思いましたが、
そうか、これが木魚の元になんですね。
普茶料理も知りませんでした。
なるほど、中国の精進料理なんだあ。
とてもかわいらしいお料理なんですね〜^^
お茶の歴史をたどる旅、わたしも勉強になりました*
Commented by g0316 at 2009-11-28 15:57
あぁ、やはりちゃいちゃまも明恵上人・・・・ウンウン!
阿留辺畿夜宇和・・・
この高山寺のあの場所だから月の歌はうまれるべくして
生まれたんだろうねぇ!
もし当時に行けたとしてあの高台から月と自分と静寂しかない
景色を想像しただけで身震いがするよね!
明恵は夢のような人物だなぁ~実在とはなんだか思えないかも^^

って・・挨拶もそこそこに失礼しました^^
ちょっと↓も拝見させてくださいませ!
Commented by bonarome at 2009-11-29 17:10
素敵な京都の旅をなさったのですね。こんな形で仏教とお茶と中国から伝わった事が守られ大切にされている事に感動しました。うまく伝えられませんが、今私が香港に住んでいる事にもきっと意味があるのだと感じています。手をあわせ感謝する心を大切にしていきたい。こちらに伺うといつも元気を頂きます。ありがとうございます。
Commented by kyokoko_a at 2009-11-29 21:27
chaiさん、京都にいらしたのね!!いいなぁ~♪
日本最古の茶園、、、歴史を感じながら静かに風が
通り抜けるのを感じたいって思ってしまいました。
開板(魚梛)っていうの?木魚の原型だなんて納得。
ところで、私はこの魚梛が一瞬【たい焼き】に見えちゃいました。
美味しそう~♪
Commented by tea-tea-chai at 2009-11-30 21:25
さおりちゃん
こんばんは~♪
同じ日に、同じ場所に行ったことも
なんだか素敵な偶然でしたよね☆
山奥の、静かな、静かなお寺でしたね。
私は、なんだか、いろんな事が心の中をぐるぐるして、胸がいっぱいになりました。
うふふ・・・さおりちゃんの写真みて、やっぱり表参道をてくてく歩いた方が、感慨深かっただろうなぁ・・・って思っちゃった。
だってタクシーの運転手さんが、裏参道から案内してくれたのだもの・・・
普茶料理も面白いでしょ~。
上座がなくて、修行というより、食を楽しむお料理なのよ。
今回の旅で、やっぱり京都っていいなぁ・・・ってシミジミ思っちゃった。
またゆっくり京都に行きたいなぁ~。
その時は、またデートしましょうね~♪

Commented by tea-tea-chai at 2009-11-30 21:39
mi-mian さん
こんばんは~♪
うふふ・・・人の子に見えました?
善財童子だったのよ~。
フォトジェニックなのよ~(笑)
そうなの、偶然なのだけど同じ日に行ってたの。
さおりちゃんたちは高山寺に先にいってたのだけど、私達は逆だったの~。
でもね、タクシーで移動してると途中でさおりちゃんたちとすれ違ったのよ!
すごい偶然でしょ~(@@)
萬福寺は、有名ではないので、大混雑の3連休中でもひっそりしていましたよ~。
隠元禅師が開いたお寺なのだけど、インゲン豆を伝えた子との方が皆さんご存知かもね(笑)
ここのお寺は、中国から日本に仏教が伝わった当時の雰囲気がそのまま残っていて、建物や、庭の作り方なども面白かったの。
たしか回廊も龍を表現してるのだと思うのよ。
でも、やっぱり開板が一番可愛いわよね~(^^)
Commented by tea-tea-chai at 2009-11-30 21:45
garouちゃま
うふふ・・・やっぱりgarouちゃまの、明恵上人、お好きなのね~。
私は、そんなに詳しくはないのだけれど、やっぱり惹かれるの・・・
月の歌も、ここだからこそ生まれたと思うし、明恵の心に映るものは、きっと全てが美しく、透明で、真っ直ぐだったのでしょうね。
ほんと、この世の人とは思えないわ・・・
幼少の頃のエピソードなども、きっと真っ直ぐな心だったからこそ、傷付き苦しんだのでしょう・・・
う~ん・・・話すと止まらなくなりそうなので、このへんで・・・(笑)
Commented by tea-tea-chai at 2009-11-30 21:53
bonarome さん
はい、楽しい京都の旅をしてきました♪
仏教と共に茶は伝わったのだけど、その土地や国によって、それそれの宗教観や解釈で、その国ならでは仏教に変化しているのだけど、茶も同じだなぁ・・・って思うの。
そんな風に、色々な角度からみると
小さな点と点が繋がって線になっていくの。
過去をつないで線にして・・・そして今と未来もつながって線になっていくのですよね・・・☆
Commented by tea-tea-chai at 2009-11-30 21:58
きょうこさん
こんばんは~♪
うふふ~京都に行ってきたの~☆
そして、念願の最古の茶園にも行ってきました(^^)
以前ね、中国の雲南省の山奥の茶畑や、武夷山の山奥の紅茶発祥の地の茶畑にも行ったことがあるのですが、植わってる土(土地?)の感じが似てるの。
なんか、じ~んとしちゃった。
開板、可愛いでしょ~。
そして、たいやき!
もう・・・爆笑しちゃったわ~(笑)
Commented by p-kanon at 2009-12-17 15:00
chaiさん、ご無沙汰しております。
先月、京都にお越しだったのですね。びっくりです。
観光地の人の多さに閉口されたことでしょう。
でも、素敵な旅をされたようで、うらやましいです。

>煎茶道の開祖でもある隠元禅師
そうだったのですか。
宇治川には「隠元橋」というのがかかっていて、隠元和尚さんが作ったというような話は聞いたことがあります。宇治橋には川に突き出たところがあって、そこから初釜のときは水を汲むと聞いたことがあります。
あ、そうか、それで宇治はお茶の産地なんですね。

萬福寺の普茶料理、私も頂いたことがあります。
もう10年以上前ですが、こーんなに綺麗な色づくしじゃなかったような・・・目で楽しむ工夫を重ねられているのでしょうか。

Commented by tea-tea-chai at 2009-12-22 00:17
kanonさん
こんばんは~♪
そのなお~京都に行ったのよ!
kanonさんにご連絡して、デートの申込み(笑)をしたかったのだけど、夫も一緒だったし、2泊だけだったので、失礼しちゃいました。
紅葉の美しい京都は、観光客でいっぱいだったけれど、それ以上に美しい京都に感激でした♪
そうそう、隠元禅師ていうと、インゲン豆を伝えた人で有名だけど、煎茶道の開祖でもあるのですよ~。
宇治川には隠元禅師のエピソードがあるところは、色々あるのですね。
いってみたいなぁ~♪
京都はもっともっと行きたい所がいっぱいあるので、まrた京都旅行を計画していあなぁ・・・って思っています。その時は、kanonさんデートしてね~♪
by tea-tea-chai | 2009-11-27 09:30 | おでかけ | Trackback | Comments(12)