紅茶のある暮らし 猫のいる生活。


by chai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

和の意味・・・



f0072846_20262382.jpg


昨日は、ギャラリーでの紅茶教室でした。
新年最初のレッスンのテーマは、「和・・・紅茶」

「和」をキーワードにして紅茶を楽しみました。

和風・・・の和
調和・・・の和
平和・・・の和
和やか・・・の和
和える・・・の和


和の素材を組み合わせた、アレンジティーや
産地や茶園、品種の違う茶樹の国産紅茶の飲み比べなど
いっぱい脱線しながらの楽しいレッスンでした。



ティーカップも和をイメージして・・・

f0072846_20322291.jpg


卵の殻のように薄いので「エッグシェル」と呼ばれています。
明かりに翳すと、カップの底には舞妓さんの顔が浮かび上がるんですよ。

明治末から戦後にかけて輸出用に大量に作られていたのですが
今でも同じ製法で復刻版が製造されています。
見つけたら光に翳して舞妓さんの顔を確かめてみて下さいね♪




昨年の最初のレッスンも日本を感じるテーマでした。
「紅茶・・・禅スタイル」
色々なテーマの講座がありますが、とても大切にしている講座のひとつです。

様々な時代の変化が、とても早いスピードでおきています。
色々な物を得て豊かになった事と同じくらい
何かを忘れ、失くしてしまったことも多いはず・・・


「禅」という映画が公開されていますね。
まだ観ていないのですが
忘れてしまった何かを思い出す映画なのかもしれませんね・・・。







[PR]
トラックバックURL : http://teateachai.exblog.jp/tb/10145628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nao-lee at 2009-01-16 21:43
こんばんは〜
明かりに翳すと、
カップの底には舞妓さんの顔が浮かび上がるんですか@@
いつか見つけてみたいです。
どんな舞子さんなのかしら?
和の意味。
そうですね。
そういう意味を考えていくと.
思わず新しい発見をしたりします。
和って奥が深い気がします。
そして、しんと奥にしみ渡っていく感じ。
今回も素敵なお茶会ですね。
Commented by un-chat at 2009-01-16 23:00
こんばんは^^
この禅スタイルの講座、毎回興味しんしんです。

私もエッグシェルの舞妓さんが浮かび上がるC&Sを持っているのですが、
なかなか普段は使わないので棚の奥から出してみようかしら?

広重美術館といい、今回の「和」といい、tea-tea-chaiさんの視線が良く伝わってきて嬉しいな^^


Commented by karibu-chai at 2009-01-17 01:11
こんばんは~♪
tea-tea-chaiさんの、様ざまな角度から「紅茶」「茶」を見つめたレッスンは、とても興味を感じております。
いつも熱い思いをこめた・・・ひたむきさも感じて・・・

時代の流れが速く・・失って行くものも多い・・確かにそうですね。
「禅」という映画に娘夫婦がエキストラで出ているの・・・
このご紹介フィルムの中にも・・・彼の方は写っています!
変なコメントで・・ごめんなさいね。
Commented by g0316 at 2009-01-17 02:31
エッグシェル!懐かしいです!
以前叔父の家にあり、まだ中学生くらいだったのですが
裏を覗いてご覧♪と言われ覗いてビックリした記憶があります^^
そうかぁ・・・
和は洋にも全てに繋がるんですね♪
Commented by aamui at 2009-01-17 18:55
素敵な仕掛けですね(^^♪今日は着物をさりげなく来た婦人と偶然お話しました 孫の運動会にも(着物で走ったのですよって!ちっとも面倒なこと無いのにね・・・着物ももっと広まったら良いのにと思います 白い割烹着買ったら 袖が細くてがっかり(~o~)確かめなかった私が悪いのよね
Commented by un-jour-de-fleurs at 2009-01-17 18:59
こんばんは~☆
いつも とても難しい タイトルのレッスンにすごい!!!と思うばかりです。
紅茶と禅・・・ 和の紅茶・・・ ん~ 考えるとやはり難しい・・・
私はいつも洋のお花ばかりしているので、和花のアレンジを依頼されると
本当に難しくて大変です。
広重美術館 行ってみたいです。
Commented by belgium44 at 2009-01-17 20:50
ちゃいさん、こんばんは~♪
わ~、これをエッグエンジェルっていうのね!
和のティーカップもとっても素敵!
ちゃいさん、沢山カップを持っているのですね~。
確かに薄そう~、ロイコペのブルーフルーテッドみたいな感じですね。
禅という映画、旦那が観たがっているの。
いつもテーマがあって、ただ淹れ方とかだけではなく
後で何かが残る楽しいお茶会ですね。
Commented by bonarome at 2009-01-18 08:34
素敵なカップですね〜。一瞬中国風にも見えますが、舞子さんの顔が浮かび上がるとは。。いつか出逢ってみたいです。
いろんな和が一つになって心潤うお教室。参加された方が羨ましいです。ゆっくり自分の中にある和の心にふれる良い時間だったのでしょうね〜。
Commented by y_and_r_d at 2009-01-18 22:17
こんばんわ。
紅茶と、ひとことで言っても
テーマ次第で雰囲気が変わるのが面白いですね。
奥の深い、教養に溢れた教室の様子がうかがえますよ。
Commented by maqui-cafe at 2009-01-19 20:16
こんばんは^^
 <和>のなかにはたくさんの意味が込められているんですね。
日本から見た和と、外国から見た和の違いも面白いですよね。
この器、すべて柄が違うんですね。すごい繊細!
それもあかりにかざすと舞妓さんの顔が・・・なんて!?
ぽってりした器も素敵だけれど、こんな繊細な器でいただく
丁寧に淹れられたお茶の香り、ダイレクトに伝わるお茶のぬくもり、
くちびるに触れた感触も、きっと優雅で、いつも感じたことのない
和を感じられそうですね。
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:18
naoさん
こんばんは~♪
そうなんです!舞妓さんの顔が浮かび上がるの~。
写真だと、よく分からないのですが、とっても薄いんですよ。
繊細で日本的な絵柄は、海外で人気だったのでしょうね。
漢字の意味を考えてみると、新たな発見があったり、新鮮な気持ちになりますね。
人という字は・・・って金八先生が言っていたように(古っ!)、普段使ってる言葉は漢字も意識してみると楽しいですね♪
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:25
ねねさん
うふふ・・・ねねさんもきっと興味がある内容だと思うわ~。
宗教とか信仰いうのではなく「心地良く生きる知恵」として意識すると、普段の暮らしが穏やかに丁寧になると思うの。
エッグシェル、お持ちなのね~。
薄くて割れちゃいそうだから、私も普段は仕舞ってあるのよ(^^)

Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:39
karibu-chai さん
こんばんは~♪
うふふ・・・紅茶教室なのに、ちょっと変わってますよね(笑)
色々な講座があるので、それぞれ興味のある内容に参加してくだされば良いと思っているんです。
紅茶教室では色々なワクワクやドキドキの種を蒔いているの。
そして何時か、それぞれの心の中で何か芽が出たらいいなぁ・・・って・・・
そしてキレイなお花が咲いたら嬉しいなぁ・・・って・・・

うふふ・・・私花咲か婆さんになりたいんです(笑)

娘さんご夫婦が「禅」に出演されているのですね!
観にいくのが楽しみですね。
もう観られたのかしら?

Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:45
garouさん
エッグシャル、叔父様のお家にあったのね~。
底の仕掛け(?)、ビックリしますよね。
まるで写真のようで・・・
モデルになった人って実在してたのかしら?
お茶の歴史の中では、紅茶って、まだまだ浅くて、でも日本の茶の文化に影響を受けていることも多いので、照らし合わせていくと、面白い発見もあったりするんです。
そんなことを調べるのも楽しいんですよね~(^^)
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:50
aamui さん
こんばんは~♪
とっても薄いカップなのですが、底には写真のようにくっきりと浮かび上がるので、初めて見たときはびっくりしました(@@)
え~!お着物で運動会!そして走ったなんて、すご~い!
私は、お着物の時は、しゃなりしゃなりとお上品にしていますよ(笑)
割烹着って優れものですよね。
そうなの、お袖は色々あるのでちゃんと見なくちゃね~。
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-19 22:56
reeさん
こんばんは~♪
タイトルは、難しいのですが、内容は楽しいのですよ~(笑)
あちらこちら脱線しながら、笑ってばっかりなの(^^)
今回は柚子の話や、小豆の話で大盛り上がりでした。
私は逆に洋のアレンジが苦手なんです~(><)
バランスのとり方や色の組み合わせが難しくて・・・
reeさんのお花、とっても素敵で、いつもうっとりしてるんですよ~。
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-20 18:03
さおりさん
こんばんは♪
そうなの、エッグシェルっていうのよ~。
ほんとに卵の殻みたいに薄くて、とても軽いの。
きっと異国情緒漂う絵柄や、カップの底に浮かび上がる舞妓さんを眺めて遠い日本を想像していたのでしょうね~。
うふふ・・・ロイコペ、似てますね~。
禅、ご主人様と一緒に観にいかれるのかな~?
私はきっとDVDだわ~。夫はあまり興味なさそうだもの(笑)
普段のお茶会もこんな風にテーマを決めると、楽しいですよ~。

Commented by tea-tea-chai at 2009-01-20 18:12
bonarome さん
こんばんは♪
エッグシェルのカップは、中国っぽい感じもしますね。
骨董市でも時々見かけるんですよ。
デッドストックが残ってることもあるみたい。
復刻版は、たま~にレトロっぽいお店で扱ってたりします。
わりと見つけやすいので、探して舞妓さんの顔を確かめてみてね。
和・・・って和風以外にも、お茶の席でも関係があるなぁ・・・って思うんです。
和の心は、日本の心でもあり、茶の湯の心でもあるなぁ・・・って。
こんな風に漢字の意味を注意してみると、以外な発見があったりして楽しいですよね。
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-20 18:16
y_and_r_d さん
こんばんは♪
紅茶というと英国というイメージですが、視点を変えると色々な楽しみ方が出来るんですよ。
そんな色々なテーマを見つけて、講座を作るのも楽しいんです。
私自身も、調べながら、新しい発見とともに成長しているように感じます。
Commented by tea-tea-chai at 2009-01-20 18:24
maqui さん
こんばんは♪
和って和風以外にも色々な意味があって、そんな意味を考えながら講座内容を組み立てるのが楽しいんです。
カップは、ほんとに薄くて軽くて、割れてしまいそうなの~。
カップの底の舞妓さんが浮かび上がる技術って、珍しかったのでしょうね~。
ワインやビールもグラスで風味が全然違うでしょ。
紅茶もなんとなく違うような気がするんですよね~。
うふふ・・・気のせいかもしれないけれど(笑)
by tea-tea-chai | 2009-01-16 21:00 | 紅茶 | Trackback | Comments(20)